今回は昨日(3/23)のNHKのニュース(米國が中國に対して3月22日に発表された、知財権侵害を理由とした500億ドル(約5.2兆円)相當の高関稅を課す制裁措置(「通商法301條」を発動)に対する中國側からの報復に関する言明の一環として、中國の華春瑩報道官が発言した內容)を取上げたいと思います。なかなかどうして、非常に不思議なタイトルだったので、調べてみることにしました。本ブログは中國語の學習をメインとしたブログなので、中國語の表現そのものに注目してみたいと思います。

 

今回の記者會見には、古典(故事)が引用されています。一つは日本語でもよく使用されている、「夜郎自大(yè láng zìdà)=やろうじだい」(「史記」西南夷伝で、夜郎という小國がが漢の強大さを知らずに自分の勢力を誇ったところから來た言葉で、自惚れることを指しています。)です。もう一つは(來而不往非禮也(lái ér bù wǎng fēilǐ yě))、「禮記(Lǐjì)」(儒教で基本経典とされる詩、書、禮、易、春秋の「五経」の一つ)という、現代の日本人にはあまり馴染みがない古典にある(禮尚往來。往而不來非禮也。來而不往亦非禮也。)から取ったものです。ネットでは原文を探すことは容易に出來るのですが、この原文の書下し文は探すことが出來ませんでした。(見つけたら、書下し文を転記する予定です。)そして、更にもう一つは「撿了芝麻丟了西瓜(jiǎn le zhīma diū le xīguā):メロンを捨てて胡麻粒を拾う=小事の為に大事を失う、又は 一文惜しみの百失い)」で、古典ではないですが歇後語(xiēhòuyǔ)=言葉遊び、しゃれ言葉で表現されています。

 

大意は、「さらに(米國の制裁措置に対する)今後の(中國側の)対応については「お返しをしなければ失禮にあたる。われわれは最後までつきあう」と述べて制裁措置が発動されれば対抗措置で応じる構えを示しました。」とのことです。恐らくは、中國側の立場として、直接批判すべき內容だとしても、それを単に直接的に表現するだけでは能が無いので、これに敢えて古典を用いて表現することで、何かを表そうとしたのではないでしょうか?何故ならば、以下の原文を見て頂ければ分かると思いますが、(來而不往非禮也。我們會奉陪到底:來て頂いたからにはお禮參り致さずば非禮。最後までお相伴申す。)の後に加えて、「希望美方認真嚴肅對待中方立場,  理性慎重決策,不要撿了芝麻丟了西瓜,既損人更害己:米國側が真摯かつ厳粛に中國(の立場)に向き合い、理性的に慎重に政策を決めることを希望する。決して小事の為に大事を失うようなことをするべきではない。人に損害を與えるのみならず、己も損害を受けることになる。」と付け加えられており、その表現から思わせぶりなニュアンスが読み取ることが出來るからです。

註:奉陪(fèng péi):お供するという意味の謙譲語。ここではやや慇懃無禮なニュアンスを出そうとしたのではと推測されます。奉陪到底(fèng péi dàodǐ)=最後まで付き合う。

 

參考:中國「お返ししなければ失禮 最後までつきあう」米の制裁決定に NHK  3月23日 19時39分

「お返しをしなければ失禮に」米の高関稅に中國反発  テレビ朝日 2018/03/23 23:40

“米中貿易戦爭”勃発か 中國は対抗措置準備 FNN 3/24(土) 1:50

中國哲學書電子化計劃 曲禮上 10 太上貴德,其次務施報。禮尚往來。往而不來,非禮也;來而不往,亦非禮也。人有禮則安,無禮則危。故曰:禮者不可不學也。

レファレンス協同データベース(國立國會図書館が全國の図書館等と協同で構築している質問への回答を集めたデータベース) 質問 「禮記」を調べたい。

 

◆尚、華春瑩報道官の(2018年3月23日付)記者會見時のトランスクリプト(原文)は以下のサイトに掲載されており、一部転載を致します。赤字の部分にご注目下さい。

 

出典:2018年3月23日外交部發言人華春瑩主持例行記者會

 

(以下上記URLから転載)

 

問:據報道,22日,美國總統特朗普在白宮簽署對中國輸美產品徵收關稅的總統備忘錄。美國白宮國家貿易委員會主任納瓦羅稱,中國在美中貿易中的獲益遠高於美方,這意味着中方將很難作出對美進行報復的決定。你是否認同他的說法?

答:針對特朗普總統簽署備忘錄,基於301調查報告指令有關部門對中國採取限制措施,中國商務部發言人今天上午已經表明了中方立場。

你提到的美方有關人士的話顯然是有些“夜郎自大”,錯判了形勢,也完全低估了中方捍衛自身合法利益的決心和能力,以及美方為其任性妄為必須付出的代價。

我們多次強調,中美經貿關係的本質是互利共贏的。一個很簡單的例子是,美方通過大量進口源自中國的低成本勞動密集型產品,大大降低了美國消費者的消費成本,提升了“消費者剩餘”,實際上是改善了美國消費者的福利,在宏觀上也有利於美國抑制通貨膨脹。因此,無論從微觀層面還是宏觀層面,美方都是大大受益的。美方執意推進301調查並公布所謂裁定,挑起貿易戰,無疑將首先直接損害美國消費者、公司企業和金融市場的利益。大家看到,昨夜有關備忘錄簽署的消息一出,美三大股指立即全線下挫,這是金融市場對美方有關錯誤政策和行動投出的不信任票,也從一個側面說明了國際社會對美方有關政策和舉動的魯莽和危險性的擔憂。

至於中方是否會對美進行報復,中方的立場已經說得非常清楚,傳遞的信息也十分明確。來而不往非禮也。我們會奉陪到底。希望美方認真嚴肅對待中方立場,理性慎重決策,不要撿了芝麻丟了西瓜,既損人更害己。

 

(転載以上)

 

Share