ジム・ロジャーズの提案 “子供が15歳なら韩国语、1歳なら中国语を学ばせなさい”

 

本日兴味记事を拝见しました。タイトルの通り、投资家のジム・ロジャーズ氏(英语:James Beeland Rogers, 中国语:小詹姆斯·毕兰德·罗杰斯xiǎo zhān mǔ sī · bì lán dé · luó jié sī)が、“子供が15歳なら韩国语、1歳なら中国语を学ばせなさい”というタイトルで、これからは一时的に韩国・北朝鲜が、长期的には中国の成长が有望である故、自分の子供が1歳であれば、长期的な视野に立って中国を学ばせなさい(韩国语については期间限定で推奨)、という趣旨のことを述べているのです!元々、投机家のジョージ・ソロス氏の元から独立して、日本を含むアジア関连の投资で财を成し、実际にシンガポールに移住し、娘にも中国语を习わせていることで有名です。以下は2年前の映像ですが、完璧ですね。完全に英语と并ぶ母语として身に付けているようです。

 


 

その他参考资料

 

中国语を教えて时给2700円稼ぐ有名投资家ジム・ロジャーズ氏の娘 人民网日本语版 2018年05月25日15:12

 

以下、报道(2019/2/28 Forbs Japan)を一部引用します。(赤字强调部分は本ブログ运営者)

 

ジム・ロジャーズの提案 “子供が15歳なら韩国语、1歳なら中国语を学ばせなさい”

 

少子高齢化と人口减少、社会保障费の増加など日本には问题が山积している。

 

1歳の娘の将来をこの上なく心配するフォーブス ジャパンの编集者が、大胆にも来日した世界3大投资家 ジム・ロジャーズに“子供の进路相谈”を持ちかけた。

 

ジムは开口一番こう答えた。

 

“绝対英语よりも中国语を学ばせたほうがいい。なぜなら、アメリカは衰退し、中国が再び世界の顶点に君临することは明らかだからです”

 

自信満々に语る真意とは?

 

──グーグルやアップルやアマゾン、マイクロソフトなどは相変わらず好调ですし、シリコンバレーにおけるスタートアップにも势いがあります。アメリカは今后も安泰、という见方もできるかと思いますが。

 

决してそんなことはありません。不思议なことに日本であまり知られていないようですが、今のアメリカは“有史上最大の债务国”なのです。増え続けているその债务は対外纯资产が约マイナス900兆円(2017年末地点)と他国に抜きん出ています。

 

──900兆円とは莫大ですね。株式は好调なようですが。

 

それが危ないのです。アメリカの株式市场は、2009年3月底を打って以来、10年间上升を続けています。これはなんと史上2番目の长さです。歴史を学んだことがある人なら谁でも“现在のアメリカの上升相场がいつか止まる”“そこから世界的な経済危机が起こるかもしれない”ということを容易に予想できるでしょう。

 

仆は今、日本の株を全く持っていない

 

──アメリカが危ない、となると日本はどうですか?

 

残念ながら目も当てられない状况に陥るでしょう。足し算と引き算ができる人なら明白です。

日本は债务が膨らみ続けています。その额、なんと1100兆円(対外纯资产は世界一位のプラス约300兆円ですが)。こうしている今もとてつもない势いで増加しています。これは単纯な足し算。

対して、日本の人口は绝望的なスピードで减っています。この低下するグラフに延长线を引いていきましょう。20年后は凄惨な状况であることが一目了然です。これは引き算。

この2つが同时に进行しているのです。

 

──たしかに。时々议论される问题ですが、多くの人は楽観视、もしくは思考停止に陥っている気がします。

 

クレイジーな外人が适当なことを言っているのではなく、これは事実なんです。でもだからと言ってこれを正视して行动を起こす人は少ない。私だったら心配して移住するでしょう。债务と人口の変革をしなければ、生活水准が落ちるのは当たり前。だから何も新たな行动をしなければ、それは受け入れたも同然なのです。

 

──闻くのも怖いですが、ジムさんは、现在日本の株はお持ちですか?

 

今、仆は全然日本株を持っていません。日本は最も大好きな国の一つですけどね。今日も富士山柄のサスペンダーとネクタイをつけてるくらいですし、富士山にも登顶しました。

 

──革新的なイノベーションが日本の未来を救う可能性はありますか?

 

可能性はないわけではありません。でも、よっぽどのイノベーションがないといけませんし、そもそも日本には中国の15分の1しかエンジニアがいない。世界をリードするイノベーションが起こる可能性がそれだけ低い、ということです。

仮に素晴らしいイノベーションが起こったとしても、债务の増加と人口减少という问题は依然としてそこにあるでしょう。

 

──2020年には东京五轮がありますが、どのようなインパクトを起こすでしょうか?

 

残念ながら、経済的な侧面で见るとあまり効果がないでしょう。短いスパンで、ごく少数の人に少し影响がある程度です。これまでの歴史でオリンピックが“国に”大きな影响を与えたことなどないのです。

1976年にどこでオリンピックがあったか答えられますか? それでその国が変わりましたか? ……そういうことです。ホテルやレストラン、観光业が短期的に盛り上がるくらいです。

 

(中略)

 

──アメリカも日本も危ないのですね。では、今后の未来が明るい国はどこですか?

 

意外かもしれませんが、次の10年、投资先として一番盛り上がるは韩国・北朝鲜です。

(中略)

私はアメリカ人なので北朝鲜に投资をすることはできませんが、韩国にはすでに投资をしています。

 

──朝鲜半岛に世界のお金が集まるんですね。子供に韩国语を学ばせるのも魅力的に思えてきました。

 

ただし、この“特需”は10〜20年くらいの限定的なものでしょう。だから子供が今15歳とか大学生なら韩国语を学ばせるのもいいでしょうが、あなたのようにお子さんが1歳となれば答えは一つです。

韩国语を学ばせずに、20歳の时には中国にいるべきです。

子供が1歳なら“中国语一択”

 

──中国が再び世界のトップに君临するという根拠はどこにあるのでしょうか?

 

まず、先ほども触れたように中国は毎年アメリカの10倍、日本の15倍ほどエンジニアを辈出しています。その结果として、世界のユニコーン企业(企业评価额が10亿ドルを超える非上场のテクノロジー系ベンチャー企业)の约3割が中国にある、という杰出した状况を作り上げています。

 

──それは惊きですね。

 

さらに、百度、アリババ、テンセント、ファーウェイの4社はアメリカの4大IT企业である“GAFA”を凌ぐ势いで成长しているのです。ピークを过ぎたアメリカが世界一の座を明け渡すのは时间の问题でしょう。

 

──とはいえ、中国はリスクを抱える国では?

 

中国はもちろん问题を抱えています。

しかし忘れてはいけません。20世纪、アメリカは最も成功した国でしたが、问题は山积し、数々の纷争も起こっていました。几度も経済不况に苦しめられましたし、人権、法律もまるで未整备。アメリカはひどい场所でした。それでも急成长できたのです。以上から、あなたの1歳の娘さんはマンダリン(中国の公用语)を学ぶべき、と断言できるのです。

 

──では、别の観点からお闻きします。翻訳机などの进化が目覚ましいですが、ここまで进化すると、言语习得の必要性は薄くなるのではないでしょうか?

 

いえ、そんなことは起こり得ません。疑いの余地もない。AIに取って変わることはありえないのです。

通訳テクノロジーがどれだけ进化しても、自分自身で理解したうえでの瞬间的な反応が必要なのは変わりませんし、エスカレーターで小耳に挟んだ情报が事业の明暗を分ける、というシチュエーションは容易に想像できます。

つまり“自分自身で言叶を操れる”を超えるものなどないのです。

あなたも、どこかのバーで谁かに英语で话しかけられた时、AIに頼って会话をしたいですか? きっとそれは全く违う体験になってしまうのではないでしょうか?

 

──では、どのようにしてマンダリンの学习をスタートすればいいでしょうか?

 

今1歳であるならば、即座にかかってもいいくらいです。本人も意识していない内に。例えば、中国语のアニメのDVDを买い与えるのもいいでしょう。

 

──留学させるのであれば、ジムさんとその娘さんのように、シンガポールがいいのでしょうか?

 

じつは、シンガポールで话されているのは决してハイソなマンダリンではありません。英语も同様です。マンダリンを正式に学ぶのであれば、大连ですとかハルビンといった中国の北方出身の家庭教师に学ぶのが一つのオプションになるでしょう。

 

(中略)

 

留学や学习によってマンダリンを身につけたあなたのお子さんは、いつの日か心からの感谢を届けてくれるでしょう。

 

ジム・ロジャーズ氏の近著‘お金の流れで読む 日本と世界の未来’(PHP新书)が発売からわずか1カ月で14万部を突破している。

 

出典:ジム・ロジャーズの提案 “子供が15歳なら韩国语、1歳なら中国语を学ばせなさい” Fobes Japan 2019/2/28

 

中国语の勉强をいつやるか?今でしょ(笑)

 

以上、内容を要约すると、

 

・米国は巨大な债务を抱え、日本は少子化=人口减少が急激に进む

・日本の衰退を技术でカバーすることは难しい

・中国はエンジニアを世界で一番辈出している国である

・韩国、北朝鲜含めた朝鲜半岛への投资ブームが起きるが10-20年程度で限定的

・长期的に见れば勉强すべき外国语は中国语である。韩国语については投资ブームが続く一时的なもの

・AIが深化・进化を遂げても语学を勉强する必要はある。自分の理解をAIによって代行し、実感のこもったコミュニケーションをAIで実现することは出来ないだろう

・ハイソで标准的な中国语を学ぶなら、北方の人から学ぶとよい

・中国语の勉强をいつやるか?今でしょ(笑)

 

子育て世代にとって気になる点:子供向きの中国语教材はあるのか?

 

尚、本ブログは语学ブログですので、细かな政治的な状况が今后どうなるといったような分析については、特に立入りません。ひたすら、勉强あるのみです。何れにせよ、世界最高峰の投资家の一人が、これだけ东アジアの未来に赌けているのですから、そのツールたる中国语を勉强しない手はありません。ジム・ロジャーズの言う通り、子供に中国语を勉强させるのは、英语と并んで当然のことと言えるでしょう。しかし、ジム・ロジャーズ氏はシンガポール在住ですから、子供向けの中国语教育、教材というのは当然事欠かない前提で话をしている訳ですが、一般に大人が中国语を勉强する日本において、子供向けの中国语教材というものが见当たりません。今后、本ブログでも子供向けの中国语教材はどうなっているのか、调べて取上げたい所です。

 

ともあれ、“思い立ったら吉日”です!上记の记事と、ジムロジャーズ(小詹姆斯·罗杰斯)の娘さんの中国语を闻いて、まずは自分も中国语を勉强したい、子供にもいつか中国语を教えたい、习わせたい、そのために中国语学习を始めたい!と思った方は、学习効果が高い中国语教材おすすめランキング:中国语学习で迷ったらこれを买おう!初级・中级者篇にて教材を绍介しているので、ご确认顶ければ幸いです。その中でも、特に中国语学习に必要なよい教材が见つからない、全くの初心者でどうしたら良いか分からない、という方には、以下の “【网野式】动词フォーカス中国语入门”をお奨めしております。示唆に富んだ内容が书かれて降りますので、购入しない方であっても一度目を通してみることをお奨めします。

 

 

 

Share