珍しい长文(少し长い)音読特化型教材‘意味のかたまり=チャンク’で音読すして身に付ける教材が発売!

 

既に本ブログでは、学习効果が高い中国语教材おすすめランキング:短文教材篇 ひたすら例文で口を锻える。中国语を喋りたければとにかく多くの例文をブツブツ言おう!にて、短文型教材を取上げていますが、今回は长文(といっても70-80文字程度)を読むことで中国语表现と音感を身に付ける教材を绍介したいと思います。

 

中国语の教材については、これまで様々な教材を绍介してきましたが、単なる会话文や短文だけだと、日常生活に必要な表现は身に付くものの、时事的な话题や何かを说明しようとすると、表现力の不足から会话が行き诘まってしまう可能性があります。そこで、本ブログでは中国语ニュースで中国语を勉强することをお奨めしておりますが、残念ながら语汇、音読スピード共に、初中级者には难しいのが现状です。それを解决するための教材が求められているのですが、今回绍介する教材は、程良い长さの中国语で、かつ日常表现がたくさん盛り込まれているので、中上级者以上のステップアップに最适な教材ではないかと考えています。

 

アマゾンはこちら

楽天はこちら

 

チャンクというのは、一言で言えば“かたまり”のことで、英语には类似の教材はたくさん出ていますが、中国语では初めてなのかもしれません。ある程度の长文は区切って読む必要があり、人间はその意味の块ごとの区切りを使って言语を理解しています。スラッシュリーディングという言叶を、英语を勉强している方であれば闻いたことがあるかもしれませんが、その中国语版です。

 

ご覧のように、区切りが入れられており、最初がノーマルスピード、次にチャンク(意味の块)毎に区切った音声が朗読されます。また、表现の応用や解说も入れられています。もう一つ特笔すべきは、70语程度の文章の中に、文型だけでなく、

 之前zhīqián,其实qíshí ,据说 jùshuō ,然而ránér,

といった文と文の区切りに必要な接続表现も频出しますので、そうした表现(当然会话にも使える)と共に、文章と発音を丸ごと覚えることは、中国语の基础力を作る上でとても価値があることではないかと思います。

 

画像出典:はじめよう中国语音読 初级编

 

以下に、出版社のサイトから特徴を贴付しますので、ご确认を顶ければ幸いです。

 

①ネイティブらしい発音と音読のしかたがわかる。

日本人の弱点をもとに、気をつけたいポイントを発音のコツと音読のコツに分け整理して提示。
日本人によくある、ポツポツ読みをなくしチャンク(意味のかたまり)を意识できるようになる。

 

②文章の中でフレーズと语句が习得できる。
1 会话ですぐ使える チャンクフレーズ 400 2 初级基本语汇を含む语句 800
1 と 2 が本文中にちりばめてあるので、実际话す际にも役に立つ。

 

③声调、音节、音読のしかたの动画付き。
声调、音节、音読のしかたを动画で说明。発音のしかた音読のしかたがよくわかる。

 

④1 日 10 分音読の习惯がつく
全 60 编、何度も声に出して読める、役に立つ文章素材を用意。毎日声に出すための习惯が身に付く。

 

【著者プロフィール】

 

李 轶伦(り いつりん)
北京市出身。东京外国语大学大学院博士课程単位取得。専门は中国语文法・教育。东京外国语大学、早稲田大学など非常勤讲师。NHK国际放送の中国语ニュースなど多数の番组に出演し、フリーランスのナレーターとしても活动中。2016年1月〜3月、NHKラジオ讲座“レベルアップ中国语”讲师、2018年4月〜9月、NHKラジオ讲座“まいにち中国语”讲师。著书:‘チャイ语入门 李先生の中国语ライブ授业’‘ちょこっと中国语翻訳 ネイティヴらしく表现できるコツ’(白水社)、‘中国语文法 补语完全マスター’(コスモピア)、‘语顺マスター! 中国语彻底トレーニング’(NHK出版)、共著:‘中国语の基础 発音と文法’(NHK出版)、‘中国语解体新书’(骏河台出版社)、‘やさしくくわしい中国语文法の基础 改订新版’(东方书店)など多数。

 

出典URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001177.000000888.html

以上

 

最后に。本ブログでは、初めて中国语を学习する方に向けて学习効果が高いおすすめ中国语教材ランキング:评判の教材を彻底比较!初级・中级者篇:ユニークかつ评判のお奨め教材上位5つをご绍介。もう教材选びで绝対迷わない! で绍介した教材等も活用することをお奨めします。以下の动词フォーカス中国语入门は特に役に立つ教材なので、解说を是非ご一読顶ければ幸いです。※尚、中级者以上の方で、ニュース関系の音読教材をお求めの方は、こちらのページをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share