紧急事态宣言で外出も制限される我々の日常。。となれば家でも勉强出来る语学の习得に励もう!NHKの语学番组も全ては4月からスタート

 
さてさて、4月と言えば本来は新歓コンパや酔っぱらた新人さん达の姿をよく见かけるものですが、新型コロナ発生(特に紧急事态宣言発令)以降は、そんな风景は过去にも全くそんなものは无かったかのような、静かな日常が続いております。しかしそんな状况下だからこそ、语学の勉强は将来动けるようになった时、就転职への备えとして最适なのではないでしょうか?
 
2021年4月现在、NHKの语学サイト(中国语)を确认した所、テレビ番组として「テレビで中国语」ラジオ番组は「まいにち中国语」「ステップアップ中国语」の3つのラインナップがありましたので、ご绍介したいと思います。尚、番组の解说コメントについては、NHKの解说ページをそのまま贴付しております。
 
実は、NHKの语学番组の中でも英语と并んで意外と中国语は力が入っており、毎回比较的有名な芸能人(例:藤原纪香、坛蜜、佐野ひなこ等)が出演しているのが特徴です。今年はイモトアヤコが出演しております。(详细は末尾の记事をご确认下さい)
过去にも本ブログではいくつかユニークな记事を绍介しております。过去のテレビで中国语の话题については、ガッキー似と话题の中国美女 ロン・モンロウ(龙梦柔)NHKテレビで中国语2019の「ロンちゃんと歌おう」にレギュラー出演决定:これはもう中国语の勉强を始めるしかないかも!? 中国语に関连したニュース:佐野ひなこ「パンダ」が「胸毛」に!?NHK语学番组で初挑戦の中国语の発音に苦戦。初心者でも楽しめる「テレビで中国语2019」は特にお奨め! NHK Eテレ『テレビで中国语』2020年のキャスティングが决定:仮面ライダーで有名な稲叶友「中国语で中国のファンと交流したい」と意気込む にて取上げておりますので、ご确认顶ければ幸いです。
 

初心者向けは「まいにち中国语」

 

「楽しく!本気で中国语!」今年度の讲座はいつもと违います!坚苦しい授业のような雰囲気の番组を改め、MCが进行するカジュアルなスタイルになります!もちろん学习の质は落としません!さらに后期には皆さんからの质问に答える新コーナーも始まります。1年间闻くことでより进歩が感じられます。

※NHKの番组绍介サイトから

 

放送时间

 

・放 送:ラジオ第2NHKラジオ第2

・放送: 月曜~金曜 午前8:15~8:30 

・再放送:同日 月~金曜日 午后10:15~10:30 ラジオ第2

・再放送:日曜日 午前11:00~午后0:15(5回分)ラジオ第2

 

次の段阶に进んだらステップアップ中国语:やや中级者向け

 

「共に生きる“くらし”の会话」 多文化共生を目的として、日本で暮らす中国语话者の手助けのための「やさしい中国语」を学び、「中国语サポーター(助っ人)」を目指します。

※NHKの番组绍介サイトから

 

放送时间

 

・放 送:月・火午后10:00~10:15

・再放送:日 午前9:00~9:30(2回分)

 

テレビで中国语:これは定番!初心者から老若男女问わず楽しめる!

 

イモトアヤコが体当たりでチャレンジ!上海と中継をつなぐ。覚えた中国语で会话に初挑戦!结果は?上海発の惊き!新感覚〇〇入りのコーヒー登场。アニメスキット「恋するアブないふたり」熊悟空は诗ちゃんをデートに诱えるか?私のものなど所有の表现を学ぶ。イモトの日常で使える中国语は今回も爆笑!热いコーヒーを饮んだ时の「アッツ!」ってなんて言うの?陈淑梅先生も演技に挑戦。日本人が苦手な子音の発音。

※NHKの番组绍介サイトから

 

放送时间

 

・放 送:Eテレ 毎周火曜 午后10时55分

・再放送:Eテレ 毎周木曜 午前6时

 
 
最后に、NHKで今回初めて中国语に挑戦するという、イモトアヤコさんの中国语に関する意気込みを述べた记事をご绍介して终わりにしたいと思います。また、WEIBO(中国のツイッターのようなSNS)にも公式ページを创设したとのことなので、リンク集に掲载しました。详しくは芸能人中国语公式SNSリンク集をご参照下さい。
※本ブログ运営者は初めてイモトアヤコの汉字が「井本 绚子」であることを知りました。これからの芸能人は中华圏でも活跃する机会が多いと思いますから、汉字って大切ですよね!

イモトアヤコ、NHK番组で中国语に挑戦! WEIBOも开设「中国に颜を広めたい(笑)」

多くの时间を海外で过ごしている姿を见ていると、简単なコミュニケーション程度であれば何カ国语か话せるのではないかと想像してしまうが、ほとんど话せないという。「闻いていて一番わかるのは英语で、英语以外だと南米が多いのでスペイン语、ポルトガル语に触れる机会は多かったですが、日常会话が话せるかと言われたら话せないですね。水とかトイレとか、それくらいの単语は知っていますが、ほとんどしゃべれないんです」。

 

これまで10回は中国でロケをしたことがあるというイモトだが、そのたびに言叶を话せなくて苦労。「通訳さんがいない状况で、レストランで自分で注文をしないといけない时に、适当にメニューを指さして注文していたんです。その时に店员さんが『メイヨー、メイヨー』とよく言っていた。それが何のことかわからなかったのですが、今なら『ない』という意味だとわかる。そういうちょっとしたことも当时知らなかったので、やっておけばよかったと思いますね」と述懐する。「唯一话せた単语があって、ある炭酸饮料を頼む时に『コーラ』では通じず、『カククルー』で通じるんです。それはよく使っていました」。

 

确かにテレビのロケの场合、通訳・番组ディレクターが同行しており、彼らが间に入っている姿も目撃する。なかなか语学习得まではいかないようだ。「そうですね。そこまでには至らなかったです。中国でもまったくお任せしていたので。実は一度、英语は“六本木”に留学してみたのですが、1年ちょいで心が折れまして(笑)。なのでこういう机会をいただけてうれしいです」。

 

『テレビで中国语』では、イモトが周に1回、1年间をかけて中国语を学习していく。「まったく学んでこなかった中国语を学び始めて、楽しくやっています。自分が得意か不得意かどうかはまだわかってないのですが、新しいものに挑戦することについてはワクワクしているので、なんとか続けていきたい」と収录への意気込みを语る。

 

出演が决まった时は「NHKの语学番组と闻くとインテリジェンスなイメージがあったので、『あれ? 私でいいのか?』と思いました」と戸惑いもありつつ、「うれしかったですね」と喜びを语るイモト。「Eテレはいつも见ているので、そこに出られることがうれしかったのと、今まで学んでこなかった中国语を学べるのでワクワクしています」と话す。

 

番组の中で実际に中国语を话すことで、印象が変わったこともあると言う。「まだ日が浅いので、何かを学び変化したというところまではいけていませんが、中国に行くことが楽しみに変わったかもしれないです」。旅惯れたイモトが期待するのは、やはり现地の人とのコミュニケーションだ。「中国にはオリジナルの文化があるので、いつも『次、中国です』と言われたら、気を引き缔めるというか、『次は中国か!』みたいな気持ちで挑んでいたのですが、今回言语を学ぶことで、现地の方たちとのコミュニケーションも今までとは変わると思います」。

 

今までは「怒られているのかな? と感じることがけっこうあった」と勘违いを明かす。「でも、番组でいろいろな発音を闻いていると、息を出さないと発音できない言叶があることも知り、あれは怒っていたわけではなかったのかなとか、今思うとそう思える。语学を学ぶと、その国のことをより好きにもなるし、兴味はとても出てきました」と语学习得の効果を実感している。

 

世界共通语の英语ではなく、中国语を学ぶ面白さや习得するメリットをイモトなりに感じている。「プライベートではまず、学ぼうとしない言语かなと思ったので、せっかくお话をいただいたので顽张ってみようと思いました」。选ばなそうな理由については、「10回くらい中国にロケに行っていますが、そのとてつもない広さと、地方によって全然言叶が违うこと、あとは中国语のスピード。ちょっと怒っているのかなと感じてしまって苦手意识はありました」と说明する。

 

しかし、学习を始めた今は、気持ちは前向きだ。すでに新たなことに挑戦もしている。「中国版ツイッター、WEIBOのアカウントを、势いに乗って作ってしまいました(笑)。ただ、まだ何もしていなくて、今后学んで、もっと打てるようになったら、中国语でつぶやいて、中国に颜を広めたいなと思っております(笑)」。

 

放送がスタートしてから、すでに反响は届いているそうで、「自分のSNSに来る评判をチェックするのですが、めちゃくちゃ评判いいです(笑)。私调べですけど、楽しく学べているというご意见をたくさんいただくのでよかったです」と安心。「最初は私も何も知らない状态だったので不安で、そこに関しては共感してもらえたと思います。私もわからないことはどんどん闻こうと思っています」と中国语未経験の视聴者と同じ目线で学んでいく。

 

イモトが顽张る姿を通じて中国语に触れる人も増えそうだ。そんな视聴者に向けて、イモトは「収录が始まって2カ月くらいで私も不安を感じています。私も追い込まれているので、『大丈夫ですよ』と言いたい(笑)。最初に脱落する时期もこれくらいかなと思いますが、大丈夫、私も同じ気持ちです(笑)。ただ、周に1回でもこの番组で触れることで、いろいろと思い出したり、ちょっと発音してみるだけで违うと思います。耻ずかしがらずに発音は思い切り言うことを心挂けていきましょう」とエールを送る。

 

现在は地球规模のコロナ祸で、自由な海外旅行はままならないが、放送を通して伝えたいことがあるとイモトは言う。「确かに今、语学を学んでも、すぐ旅行先で使えるという环境ではないけれど、语学を学ぶって、とってもワクワクするんですよね。今は実际に现地には行けないけれど、现地のことに兴味が涌いて、文化を知ろう、人に会ってみようというきっかけになると思うし、きっかけになるといいなと思っています。私自身、この番组がきっかけで、今は中国ロケに行ったら楽しいかも! と思えているので」。

 

1年后、イモトはどう変化しているのか、未来の自分を最后に想像してもらった。「どうなっているんだろう(笑)。中国に1人で行き、空港で税関を通过し、タクシーでホテルに行って、チェックインして部屋に泊まって、近くのレストランでご饭を食べて…くらいのことはしたいですね。中国语でそこまでできているとうれしいけど、どうでしょうね。もう2カ月も経っていますからね(笑)。置いていかれないように、心折れないように、楽しみながら顽张りたいです!」。

 

出典:マイナビニュース 2021/04/13 20:00

以上
 
 
 
 

 

 

 

 

 
 
Share