所で、英語と日本語ではcomeとgoの考え方が違う、ということを聞いたことはないでしょうか?

電話で、パーティに今から「行くよ」と言う時は、

Coming!

で、Goingではないです。

話し手を中心に考えて、離れるか、近づくか、という考え方です。

多くの日本人は説明を聞いて、やっと理解するのだが、中国語にも全く同じように応用が利く考え方になります。。

以下のサイトを見ると、
http://eitangotsukaiwake.suntomi.com/index.php?go%2C%20come

(以下引用)
パーティーなどへ行くときで、相手に電話で「いま行きます」と伝えたいときに、なぜ「go」ではなく「come」を使うのかと・・。
行くは「go」であり、「come」は来るではないか・・と。

最初の頃は、日本語的な考えが頭を占めていたため、何度もこの疑問を繰り返し感じたたものでした。

英語では相手がある場合は、「相手を中心に考えて話す」ということがポイントでした。

つまり、自分が相手のところへ行く場合は、相手を中心に考えて「come」を使う必要があるということです。

(引用以上)

所で、英語圏の人達向けのいい番組があったので、以下に貼付します。

http://www.digmandarin.com/all-video-lessons/the-simple-directional-complement-verb-lai-qu

下来  come down
下去  go down
上来  come up
上去  go up
出来  come out
出去  go out
进来  come in
进去  go in
过来  come here
过去  go over

方向補語、というのはcomeとgoのコンビネーションだという事がよく分かりますね。

Share