今回は、中国語の学習をまずはさわりだけでも知りたい、始めたいという人のために、初心者の皆様に向けて文法講座を用意致しました。既に本ブログでは、学習効果が高いおすすめ中国語教材ランキング:評判の教材を徹底比較!初級・中級者篇:ユニークかつ評判のお奨め教材上位5つをご紹介。もう教材選びで絶対迷わない!にて、動詞フォーカス中国語入門を推奨させて頂いております。また、書店やアマゾンで入手出来る定番の中国語教材については、別記事学習効果が高い中国語教材おすすめランキング:文法教材篇 中国語文法の教科書は音声CDが充実したこの教材で決まり!にて中国語文法教材を紹介しておりますので、そちらと併せてご確認頂ければ幸いです。

※他の章については末尾の中国語文法講座初級編インデックスをご参照下さい。

 

第三章 連動文

 

動作の連なりを表す時に使う文型です。動作の順番に動詞を並べます。
文型はS+V1+O+V2+O「V1:動詞1」「V2:動詞2」

*目的語は省略されることもある。

 

我 去 机场 接 朋友
wǒ qù jīchǎng jiē péngyou
私は空港に行って友達を迎えます

 

我 坐飞机 去 上海
wǒ zuòfēijī qù shànghǎi
私は飛行機に乗って上海に行きます

 

動詞が2つあっても主語は同じです。また、目的語は省略されていることもあります。

 

我 买 瓶 汽水 喝
wǒ mǎi píng qìshuǐ hē(サイダーを買った人と、飲む人の主語は同じ。また、喝の後の目的語は省略)
私はサイダーを買って飲みます

 

問題:以下の文章を中国語で作文せよ。

 

(1)私は家に帰ってサイダーを飲みます。
(2)私はバスで空港に行きます。
(3)あなたは飛行機に乗って東京に行きますか?

 

単語:

 

回家 (家に帰る)
huíjiā

 

坐 巴士(バスに乗る)
zuò bāshi

 

答え:

 

(1) 我回家喝汽水。
(2) 我坐巴士去机场。
(3) 你坐飞机去东京吗?

以上

第2章へ 第4章へ→

 

尚、冒頭で紹介したお奨め中国語文法教材は以下になります。興味のある方は一度アマゾンの解説ページもご確認頂ければ幸いです。



 

【中国簿文法講座初級編インデックス】

 

Share