今回は、お経(般若心経)にピンインを振ってみました。お経にピンインを付けようと至った理由は、親戚に真言宗の僧侶もおり、毎日一応般若心経を唱えている父親と、昔した奇妙な會話がきっかけです。本ブログ運営者「お経も実は漢文でちゃんと主語と述語があるんだよ」父親「ん?????!本當か?」

 

多くの人が誤解していますが、実は、お経は古典漢語(古代の中國語=昔使用されていた中國語)であって、本來は漢文として読まれるべき(つまり主語+述語、動詞の構造がある)ものです。しかし、お経はそのまま語順通り読むことで、韻やリズムを含めて再現され有り難みが増すということで、慣習として前からそのまま読んでいきます。勿論、空海のような天才は唐の時代の中國語を完全に理解していましたし、ずっと下って江戸時代の有名な儒學者・思想家・文獻學者である荻生徂徠も、「漢文は前から読むべし、中國語と同じ発音で読むべし、漢文訓読法を廃止すべし」、ということで唐通事(とうつうじ)から中國語(當時の長崎に來ていた貿易に従事する清國商人が話す南方方言で、現在の普通語とは異なる中國語)を勉強していたとか。それでも、今とは違ってiPhoneもタブレットや録音機材もなく、一部の限られた人だけが國際交流をしていた時代が長く続いた日本では、やはり語順を変えて日本語として読む訓読法が廃れることはなかったという狀況です。※調べてみた所、空海の時代には音博士という役職の人がいて(音道という発音を學ぶ學科があって)、中國語の発音を教えている人がいたようです。空海以外にも中國語を喋れる人がいたのでその人達から中國語を學んでいたと思われます。

 

◆參考資料

杜甫の「春望」の古代唐音の再現(推定)

杜甫の「春望」の現代北京音:普通語の発音

 

我々が學校で習ったことがある漢文とは、ひと味違う漢文(つまり漢文訓読法が発明される前の日本人の漢文理解)を知る、という意味で、宗派を超えて、しかも外國人にもよく読まれている般若心経を中國語として読んでみるのは、新鮮な體験になると思います。(勿論、空海の時代の発音;中國の唐朝で話されていた発音=漢音と、現代中國語の発音は全く異なります。念のため。)

 

本ブログでは、英語、中國語、漢文は同時に勉強をするべき(その方が効率がいい)との運営方針であり、白文と書下し文と発音とを比較することによって、漢文の理解力、中國語の発音の聞取り能力、ひいては現代中國語の理解力も高まるのではないかと考えています。尚、今回取上げた般若心経(サンスクリット語:Maha Prajna Paramita Hrdaya Sutra, 英語:The Heart Sutra)は深い意味を持つ経典であり奧が深く、立ち入った解説は致しませんので、興味のある方は他のサイトをご參照下さい。また、動詞が分かると現代中國語、漢文を問わず中國語の理解力が格段に高まります。學習効果が高い中國語教材おすすめランキング:中國語學習で迷ったらこれを買おう!初級・中級者篇漢文にも5文型理論があった!漢文と現代中國語の繋がりをご確認頂ければ幸いです。※最初の2行だけ動詞相當部分を赤字としております。動詞に限らず形容詞部分も、実際には主語と述語の関係が成り立っている(例:色不異空,空不異色)のが分かると思います。要はS+Vの形式で大體読めるということです。お経を文法で見る習慣がないので、「お経みたい」という言葉の通り、一般の人にとってはチンプンカンプンな言葉の象徴となっているのでしょう。調べてみると「般若心経は英語で読むとよくわかる」という本まで出ているようです。

 

◆參考資料

摩訶般若波羅蜜多心經(百度百科)

般若心経(wikipedia)

 

◆簡體字原文及び発音(現代中國語)

https://v.qq.com/x/page/d0370yo07zs.html (騰訊)

https://www.youtube.com/watch?v=Snu9X64CE2E&amp(youtube)

 

◆読経(日本語)

https://www.youtube.com/watch?v=JOSmVw6-Ems(youtube)

 

◆注意:古典中國語ですので、読み方が現代中國語の漢字と読み方が異なる所があります。

若:ruò → rě

※般若心経の場合は2通りの読み方あります。

 

【般若波羅蜜多心經】

 

自在菩薩,深般若波羅蜜多時,照見五蘊皆空,一切苦厄。

 

bōrěbōluómìduōxīnjīng

guān zì zài púsà , xíng shēn bō rě bō luó mì duō shí,zhào jiàn wǔ yùn jiē kōng, dù yī qiē kǔ è。

 

観自在菩薩(カンジサイボサツ)ハ深般若波羅蜜多(ジンハンニャハラミッタ)ヲ行(ギョウ)ゼシ時、五蘊(ゴウン)皆空(カイクウ)ト照見(ショウケン)シ、一切ノ苦厄(クヤク)ヲ度(ド)シタマエリ。

 

舍利子,色不異空,空不異色,色即空,空即色,受想行識亦復如是。

 

shèlìzǐ, sè bù yì kōng ,kōng bù yì sè , sè jí shì kōng , kōng jí shì sè。shòu xiǎng xíng shí,yì fù rúshì。

 

舎利子(シャリシ)ヨ、色(シキ)ハ空(クウ)ニ異(コト)ナラズ、空ハ色ニ異ナラズ。色ハ即チ是レ空、空ハ即チ是レ色。受(ジュ)、想(ソウ)、(ギョウ)、識(シキ)亦(モ)復(マタ)是(カ)クノ如(ゴト)シ。

 

舍利子,是諸法空相,不生不滅,不垢不凈,不增不減。

 

shèlìzǐ, shì zhūfǎ kōngxiāng, bù shēng bù miè, bù gòu bù jìng, bù zēng bù jiǎn ,

 

舎利子ヨ、是(コ)レ諸法(ショホウ)ハ空相(クウソウ)ニシテ、生ゼズ滅セズ、垢(ク)ナラズ浄(ジョウ)ナラズ、増ゼス減ゼズ。

 

是故空中無色,無受想行識,無眼耳鼻舌身意,無色聲香味觸法,無眼界乃至無意識界,

 

shì gù kōng zhōng wú sè, wú shòu xiǎng xíng shí, wú yǎn ěr bí shé shēn yì, wú sè shēng xiāng wèi chù fǎ, wú yǎnjiè nǎizhì wú yìshíjiè,

 

是(コ)ノ故(ユエ)、空(クウ)ノ中二色(シキ)無ク、受、想、識モ無ク。(ゲン)、耳(ニ)、鼻(ビ)、舌(ゼツ)、身(シン)、意(イ)無ク、色(シキ)、聲(ショウ)、香(コウ)、(ミ)、觸(ソク)、法(ホウ)モ無シ。眼界(ゲンカイ)無ク、乃至(ナイシ)意識界無シ。

 

無無明亦無無明盡,乃至無老死,亦無老死盡,無苦集滅道,無智亦無得。 以無所得故,

 

wú wúmíng , yì wú wúmíng jìn, nǎi zhì wú lǎosǐ, yì wú lǎosǐ jìn。wú kǔ jí miè dào, wú zhì yì wú dé, yǐ wú suǒ dé gù。

 

無明(ムミョウ)モ無ク、亦(マタ)無明(ムミョウ)盡キルコト無シ。乃至老死無ク、亦老死ノ盡キルコト無シ。苦(ク)、集(シュウ)、滅(メツ)、道(ドウ)無ク、智(チ)モ無ク亦得(トク)モ無シ。得ル所無キヲ以(モッ)テ故(ユエ)。 。

 

菩提薩埵。依般若波羅蜜多故,心無掛礙;無掛礙故,無有恐怖,遠離顛倒夢想,究竟涅槃。三世諸佛,依般若波羅蜜多故,得阿耨多羅三藐三菩提。

 

pútísàduǒ yī bōrěbōluómìduō gù xīn wú guàài。wú guàài gù, wú yǒu kǒngbù, yuǎnlí diāndǎo mèngxiǎng, jiūjìng nièpán。sānshì zhūfó, yī bōrěbōluómìduō gù, dé ānuòduōluósānmiǎosānpútí。

 

菩提薩埵(ボダイサッタ)、般若波羅蜜多(ハンニャハラミッタ)ニ依(ヨ)ル故(ユエ)、心(シン)罣礙(ケイゲ)無ク、罣礙無キ故、恐怖(クフ)有ルコト無シ。一切(イッサイ)ノ顚倒夢想(テンドウムソウ)ヲ遠離(オンリ)シテ、涅槃(ネハン)ヲ究竟(クキョウ)ス。三世諸仏(サンゼショブツ)、般若波羅蜜多ニ依ル故、阿耨多羅三藐三菩提(アノクタラサンミャクサンボダイ)ヲ得タマエリ。

 

故知般若波羅蜜多,是大神咒,是大明咒,是無上咒,是無等等咒,能除一切苦,真實不虛。故說般若波羅蜜多咒,即說咒曰:揭諦揭諦,波羅揭諦,波羅僧揭諦,菩提薩婆訶。

 

gù zhī bōrěbōluómìduō, shì dà shénzhòu, shì dà míngzhòu,shì wú shàngzhòu, shì wú děngděngzhòu。néng chú yīqiē kǔ, zhēnshí bù xū。gù shuō bōrěbōluómìduō zhòu。jí shuō zhòu yuē:jiēdì jiēdì, bōluójiēdì, bōluósēngjiēdì, pútísàpóhē。

 

故(ユエ)ニ知ルべシ、般若波羅蜜多、是(コ)レ大(ダイ)ナル神呪(シンシュ)、是レ大ナル明呪(ミョウシュ)、是レ無上(ムジョウ)ノ呪(シュ)、是レ等等(トウドウ)無キ呪。能(ヨ)く一切ノ苦ヲ除キ、真実ニシテ虛(コ)ナラズ。故ニ般若波羅蜜多ノ呪ヲ説(ト)ク。即チ、呪ヲ説イテ曰(イワ)く、羯諦羯諦(ギャアテイギャアテイ)、波羅羯諦(ハラギャアテイ)波羅僧羯諦(ハラソウギャアテイ)、菩提薩婆訶(ボジソワカ)。般若心経 。

 

【參考資料】

 

上記wikipediaによると新字體の般若心経で我々が日本で最もよく目にするものは以下のテキストです。(読み方も末尾に記載しました。)勿論、実際のお経は句読點や區切りが全く無いので読みにくいことこの上ありませんね。

 

仏説・摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識・亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・聲・香・味・觸・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明盡、乃至、無老死、亦無老死盡。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虛。故説、般若波羅蜜多呪。
即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。般若心経。

 

ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう

かんじざいぼさつぎょうじんはんにゃはらみったじ しょうけんごうんかいくうどいっさいくやく  しゃりし しきふいくう くうふいしき しきそくぜくう くうそくぜしき じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ  しゃりし ぜしょほうくうそう ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん  ぜこくうちゅう むしき むじゅそうぎょうしき むげんにびぜっしんい むしきしょうこうみそくほう むげんかい ないしむいしきかい  むむみょう やくむむみょうじん ないしむろうし やくむろうしじん むくしゅうめつどう むちやくむとく いむしょとくこ  ぼだいさった えはんにゃはらみったこ しんむけいげ むけいげこ むうくふ おんりいっさいてんどうむそう くきょうねはん  さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ とくあのくたらさんみゃくさんぼだい  こちはんにゃはらみった ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ のうじょいっさいく しんじつふこ  こせつはんにゃはらみったしゅ そくせつしゅわつ
ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか はんにゃしんぎょう

 

 

Share