日本に居る中国人同士のネットワークが凄いらしい:台风や灾害への备えもみんなでシェア

ダイヤモンドオンラインに兴味深い记事が载っていましたので、ご绍介したいと思います。チャイナウォッチャーの中岛 恵 氏による俊逸なレポートです。日本には既に76万人(2018年末、総务省の统计)もの中国人が滞在しているとのことで(これは既に県の人口で言えば徳岛県を抜いて福井県(约78万人)に迫る势いです。百万人ぐらいはすぐに超えることでしょう。)彼ら独自の强力なネットワークがあって、微博(Weibo),微信(Wechat)といった中国人の间でメジャーなSNSを通じて连络を取り合うことで、今回の台风19号の际にも、その警戒と准备について详しい情报が彼らの间で豊富に出回った、ということがレポートされています。记事で绍介された、一般社団法人“华人时代”というのは、在日中国人最大のネットワークで、7万人もの会员がいるそうです。その他、今回の台风については様々な报道がありましたので、参考までにタイトルとリンクを以下に贴付します。

 

・中国人が日本の台风19号の灾害情报に强い関心を示した理由 ダイヤモンドオンライン 2019.10.30 5:20

・过去最大级の台风が上陆目前。在日中国人たちが共有する独自の情报ネットワークとは ヤフーニュース10/11(金) 17:02

・中国駆逐舰“太原”の台风19号お见舞いに反响  AFPBB News 2019年10月18日 20:00

(中国语原文は“太原舰打出中日文横幅慰问遭遇强台风“海贝思”袭击的日本灾民” 人民网2019年10月14日15:01を参照)

・避难所や近所で言叶が通じない外国人がいたら、使える多言语会话ツール5つ 台风19号で被灾した方に言叶が通じない外国人がいたら、避难所などで使える多言语会话ツールを绍介します。BuzzFeed News 2019/10/13 11:31

 

さて、本ブログは语学を学ぶことを第一の目的としておりますので、早速これらの记事から、台风への备えに関する中国语を抜き出したいと思います。灾害の时は何よりも(自分の出身国の)ネイティブ言语での情报があると、不安感が和らぐものです。これ程の数の中国の方がいる訳ですから、普段から灾害に関连した中国语をピックアップして勉强しておくと、もしもの时に中国语ネイティブの外国人の方への支援に役に立つかもしれません。以下のダイヤモンドオンラインの记事の文中にある中国语にピンインも付けましたので、しっかりと発音と意味が分かるまで自分で朗読するなり、黙読するなりしてみましょう。また、分からない个所は辞书を引くようにしましょう。以前、北海道胆振东部地震が発生した际に、“旅のゆびさし会话帐”の灾害用バージョン(英语、中国语(简体字、繁体字)、韩国语、日本语、タガログ语、タイ语、スペイン语、ポルトガル语、インドネシア语、フィリピン语で提供)について记事で触れていますので、関心のある方はこちらも是非ご一読下さい。

 

※以下の文章に出てくる単语は全て生活単语であり、必须として覚えておくべきものばかりです。

例:自来水、晾衣杆、衣架、面巾纸、饼干、方便米饭: 水道水、物干し竿、ハンガー、纸タオル、ビスケット、インスタントご饭

 

以下、ダイヤモンドオンライン“在日中国人组织で日本最大规模の“华人时代”とは?台风19号情报でも存在感”から、まず先に灾害に役に立つ中国语を転载。(日本语とピンインは本ブログ运営者による加笔)

 

今年最强的19号台风将在10月12日登陆日本,预计将带来大范围、长时间的暴风和强降雨。由于19号台风威力或匹敌甚至超过今年的15号台风、2018年21号台风,日本气象厅呼吁民众要做足防灾准备。那么,台风来临前,我们要做哪些准备?
jīnnián zuì qiáng de 19 hào táifēng jiāng zài 10 yuè 12 rì dēnglù rìběn , yùjì jiāng dàilái dà fànwéi 、 cháng shíjiān de bàofēng hé qiáng jiàngyǔ 。 yóu yú 19 hào táifēng wēilì huò pǐdí shènzhì chāoguò jīnnián de 15 hào táifēng 、 2018 nián 21 hào táifēng , rìběn qìxiàng tīng hūyù mínzhòng yào zuò zú fángzāi zhǔnbèi 。 nàme , táifēng láilín qián , wǒmen yào zuò nǎxiē zhǔnbèi ?
今年最强の台风19号が10月12日、日本に上陆しようとしています。広范囲、长时间にわたる暴风と强い雨が降ることが予想されています。台风19号の威力は今年の台风15号、2018年の台风21号の威力さえ凌ぐものであり、日本の気象庁は防灾の准备を十分にするよう住民に呼びかけています。さて、台风が来る前に我々は何をすべきでしょうか?
 
【屋外准备】
确认门窗能否锁上,有必要的情况需要加固;
将排水沟和排水口清理干净,保证排水通畅;将有可能被风吹走的物品固定好,或移到室内(盆栽、晾衣杆、衣架等);
做好屋顶、围墙的检查和加固;
wūwài zhǔnbèi
quèrèn ménchuāng néngfǒu suǒ shang , yǒu bìyào de qíngkuàng xūyào jiāgù ;
jiāng páishuǐgōu hé páishuǐ kǒu  qīnglǐ gānjìng , bǎozhèng páishuǐ tōngchàng ; jiāng yǒu kěnéng bèi fēng chuīzǒu de wùpǐn gùdìng hǎo , huò yídào shìnèi ( pénzāi 、 liàngyīgān 、 yījià děng ); zuò hǎo wūdǐng 、 wéiqiáng de jiǎnchá hé jiāgù ;
屋外における备え
ドアの枠をしっかり固定出来るかを确认。必要であれば补强すべし;
排水沟はしっかりと扫除し、排水がしっかり行われるようにすること;风で吹き飞ばされそうな物はしっかり固定するか室内に移动(盆栽、物干竿、ハンガー等);
塀や屋根をしっかりと确认すること;
【屋内准备】
为防止停水带来生活不便,可在浴缸放满自来水备用;
为防止一楼水漫,将一楼家电插头拔掉避免触电,移至相对高的位置。

wūnèi zhǔnbèi

wèi fángzhǐ tíng shuǐ dàilái shēnghuó bùbiàn , kě zài yùgāng fàng mǎn zìláishuǐ bèiyòng ; 

wèi fángzhǐ yī lóu shuǐ màn , jiāng yī lóu jiādiàn chātóu bádiào bìmiǎn chùdiàn , yí zhì xiāngduì gāo de wèizhi 。
室内における备え
水道が止まって生活に不自由をきたさないように、浴槽の水を満タンにして备える;
一阶が完全に水浸になるのを防止するため、一阶にある家电のプラグを抜き感电する事态を避けるとともに、家の中で相対的に高い位置に移动する。
【准备水和食物】
准备3天的饮用水(按每人每天3L准备)
准备3天的防灾食品(饼干、方便米饭、巧克力、面包等)
准备好足够的厕纸、面巾纸、火柴
zhǔnbèi shuǐ hé shíwù
zhǔnbèi 3 tiān de yǐn yòng shuǐ ( àn měirén měitiān 3L zhǔnbèi )
zhǔnbèi 3 tiān de fángzāi shípǐn ( bǐnggān 、 fāngbiàn mǐfàn 、 qiǎokèlì 、 miàn bāo děng )
zhǔnbèi hǎo|hào zúgòu de cèzhǐ 、 miàn jīn zhǐ 、 huǒchái
水と食料を准备
3日分の饮料水を准备(一人一日3Lの基准を目安に准备)
3日分の非常食品を准备(ビスケット、インスタントご饭、チョコレート、パン等)
十分な量のトイレットペーパー、纸タオル、マッチを准备
 

在日中国人组织で日本最大规模の“华人时代”とは?台风19号情报でも存在感

中国の存在感に比例するように、在日中国人の存在感も高まっている。彼らは中国発のSNS、ウィーチャットを駆使してさまざまな活动や交流を行っているが、その実态は日本人にはほとんど伝わってきていない。日本に住む彼らは、一体どんな情报を共有したり、発信したりしているのだろうか。日本最大级の在日中国人コミュニティーの代表に话を闻いた。(ジャーナリスト 中岛 恵)

日本に住む中国人の约7分の1以上が参加

“イベントは大小合わせて年间60~70回くらい行っています。料理会、ハイキング、お花见、小旅行などのほか、中国関系のイベントにも参加。小さいイベントは30~40人、大きいイベントは100人単位で开催しています。9月には东京・代々木公园で、中国驻日本国大使馆などが主催する大规模な‘チャイナフェスティバル2019’が开催されたのですが、それにも参加しました。活动をやりやすくするため、2018年1月には一般社団法人となり、日本の组织や団体との交流も行っています”

 

こう语るのは一般社団法人“华人时代”会长の呉洲氏(37歳)だ。呉氏は吉林省出身。中国の大学で出会った日本语教师の影响を受けて日本に兴味を持ち、来日して筑波大学大学院で学んだ。现在はIT関系の仕事をしているが、そのかたわらで中国人同士の集まりを主催するようになった。

 

“今、日本には大势の中国人が住んでいますが、日本にいるのに、なかなか日本人の友だちができなかったり、中国人の友だちも皆忙しくて会う机会がなかったりと、さみしいと思っている人がけっこう多いと思います。また、日本についての情报にも偏りや误解があったりします。そこで小さな集まりを企画するようになり、それが次第に大きくなっていきました”(呉氏)

 

“华人时代”の会员数は约9万8000人に上る。日本に住む中国人は约76万人(2018年末、総务省の统计)いるので、実にその约7分の1以上の人が参加しているという计算だ。つまり、“华人时代”は日本最大规模の中国人コミュニティだといえる。

 

 会员の大半は中国人だが、中国语がわかる在日マレーシア人やシンガポール人、中国に関心が高い日本人もいる。东京だけでなく大阪や九州にも会员がいて、年齢は10代后半から40代が中心だ。留学生やビジネスパーソン、企业経営者など职业は多岐にわたっている。拙著‘日本の“中国人”社会’でも取り上げたが、日本政府のデータによると、在日中国人は20~30代が中心で、全体の60%を占める。やや女性が多いという倾向があるが、“华人时代”の会员の特徴もそれとほぼ合致している。“华人时代”という名称は、読みやすい4文字で、広い意味での华人と、自分たちの时代という意味を込めて名づけたという。

 

运営している主要メンバーは约100人。会长の呉氏をはじめ、企业経営者、在日中国系企业の社员、日本企业の社员などがいる。何かあるごとに不定期に集まり、今后の方针や活动计画を话し合っているという。

 

 企画しているのは、料理会などのイベントや交流会、日中のメディア情报の提供、ビザや在留资格に関する情报や相谈、アルバイト、就职、ビジネス、医疗、不动产に関する情报など。外部组织や日本企业との连携もあるが、社団法人でもあり、活动は利益が発生しないものだ。会员の中には行政书士や人事・法务に详しい専门家もおり、会员同士、互いに相谈に乗っているという。

台风19号では日本语を翻訳してSNSで発信

 情报の発信はすべてSNSだ。ウィーチャットの公式アカウント(公众号[ゴンジョンハオ])を持ち、そこに中国の情报や、日本语メディアからの翻訳情报を日々発信している。また、ウィーチャット内のグループ(朋友圏)、ウェイボー、フェイスブック、ツイッターなどでも情报を発信したり、相互にシェアしたりしている。“华人时代”から派生したグループは50にも上る。ウェイボーのフォロワーは约12万人。多くの日本人もアクセスしやすいよう、11月末までに公式ホームページも开设する予定だ。

 

私がこの组织の存在を知ったのも、10月中旬に関东地方を袭った台风19号のときに流れてきた记事がきっかけだった。ウィーチャットを见ていたところ、中国人の友人のひとりが“超级台风互助群”というグループの情报をシェアしていたのをたまたま目にしたのだ。

 

台风19号のときには日本のメディア情报を中国语で拡散した台风19号のときには日本のメディア情报を中国语で拡散した
 
 

 过去最大级といわれる猛烈な台风の最中、日本に住む外国人に适切な情报が届いているのかどうか心配されたが、日本人のSNSと同様、在日中国人のウィーチャットでも台风の进路情报や危険地域、注意事项などが多数シェアされていた。その1つがこちらの画像で、中国语で详细な情报がひとまとめになっていた。

 

“台风の最中、一人暮らしで心细かったり、日本语が得意ではなかったりする中国人が困っているのではないかと思い立ち、台风が関东を直撃する前日のお昼ごろに急きょ新しいグループを作成しました”(呉氏)

 

“(10月)11日に立ち上げましたが、台风が迫ってきた12日のお昼ごろになると、メンバーが约3000人にまで膨れ上がったので、日本语の台风情报を翻訳してSNSに流しました。その情报があちこちに拡散されたことで、より多くの在日中国人の役に立てたようです”(呉氏)

 

“超级台风互助群”の记事にはコメントがつけられるようになっているが、私が见た记事の読者数は约6000人で、コメント栏には“日本の无事を祈る!”“食料と水を确保しましょう”“困ったときには日本の警察を頼りましょう”などと书かれていた。

 

 在日中国人の中には、中国に住む家族からの问い合わせや心配の声も多数届いたが、そんなときにも、同グループの情报があることで心强く、状况が的确に判断できたようだ。むろん、日本人の配偶者がいたり、日本のテレビやネットから直接情报を得ていた人も多かったと思うが、中国人同士のコミュニティーからの情报も得ることで、より安心感が増したといえる。

“日本とのつながり”をもっと重视していきたい

 こうした活动を行う一方で、彼らは今后、“日本とのつながり”をもっと重视していきたいと话す。社団法人化したこともあり、以前から日中友好団体などとの交流の机会も持っているが、台风19号の被灾者に対して何かできないかと思い、募金活动を开始した。

 

中国语でシェアされた台风に関する情报
中国语でシェアされた台风に関する情报
 

“中国人が多い东京・池袋や埼玉県川口市の中华料理店に募金箱を置かせてもらったり、グループチャットなどでも募金を呼び挂けたりしており、募金のための専用口座も设けました。また、‘华人时代’として长野市に义援金を送金することになりました”(会员の佐藤雅之氏)。

 

 中国の老舗の中国料理店であり、东京・池袋に支店がある“东来顺”とも协力し、“华人时代”に一定の义援金を出した人は、同店で使えるクーポンを発行するという新しい试みも行った。呉氏によると、在日中国系企业も何か日本で社会贡献を行いたいという意思があり、目的が一致したという。

 

“在日中国人の多くは日本が好きで日本にやってきて、日本に爱着の気持ちを持っています。だから、中国人だけで集まるのではなく、もっと日本人と交流したり、日本社会に贡献したいと思っています。台风の被害は残念な出来事でしたが、こうしたことをきっかけに、在日中国人がもっと日本社会を理解できればいいし、お互いにもっと协力し合えることがあればいいと思います”と呉氏は话す。

 

 私は以前、中国や日本に住む中国人の有志が熊本の大震灾の际に寄付したことをこちらの记事(ダイヤモンド・オンライン“熊本地震に中国人の反応がかつてなく同情的な理由”)で绍介したことがあったが、あれから3年がたち、日本の中にはさらに数多くの中国人コミュニティーが出来上がり、それぞれがネットでつながり、その年齢层、职业はますます多様化してきている。

 

 日本人が気づかないうちに大きな変貌を遂げている在日中国人社会――。その人口は、冒头で记したように约76万人に达し、一都道府県と同じだけの规模になっており、日本社会にもさまざまな方面で影响を与え始めている。

 

 一定以上の年齢の日本人が思い浮かべる“中国人像”は今もステレオタイプのままで昔とあまり変わらないが、现実はすでに様変わりしている。20~30代の若い世代を中心に、日本社会に溶け込もうとする中国の若者世代がこれほど能动的に动き、日本に热い関心を寄せているのだ。

 

出典:ダイヤモンドオンライン2019.10.29 5:30

以上

 

最后に、本ブログでは中国语学习を始める方に、动词フォーカス中国语入门(文法や発音の说明もしっかりしています。)を推奨しております。今までにない観点で日本语の特徴を捉えた上で、开発された中国语教材です。ご购入されない方であっても一読の価値はあると思いますので、今回の记事を见て中国语の勉强に関心をお持ちの方は、别记事の解说(学习効果が高いおすすめ中国语教材ランキング:评判の教材を彻底比较!初级・中级者篇)と并せて确认することをお奨めいたします。

 

 

Share