マークザッカーバーグの中国语での讲演

 
今回はGraceさんが运営する7万人の登录者を夸るYoutube公式チャネルGrace Mandarin Chineseのコンテンツをご绍介したいと思います。运営者の方はかなり英语が流畅で、中国语と英语のネイティブではないかと思います。中国语の学习のコツや発音の误りや正しい発音のポイントについて解说しています。
 
その中で最も面白いと感じたのが、facebookのCEOであるマークザッカーバーグの北京清华大学における讲演(2014/10/22)を例に取上げたものです。マークザッカーバーグと言えば、“マークザッカーバーグの英语”なんて英语勉强用教材が出ているぐらいで、英语の学习者であれば本屋さんで见たことがある人も多いのではないでしょうか?ところが、结构中国语も勉强しているのです。理由は奥様が中国人で义理の父亲と意思疎通をするためだったとのことです。中国语のレベルはどうだったのかについては、以下、様々な意见があるようです。
 
 
 
 
 
见ると、かなりカタコトながら中国语で台本なしに一生悬命中国语で答えようとしているのが分かります。さて、以下のGrace氏による动画解说を见てみましょう。
 
 

讲演は中国语で立派にこなすも発音は典型的な间违いを犯す:日本人も注意すべし

 
 

Analyzing Mark Zuckerberg’s Chinese|Learn Chinese
 

解说によると

全般に、第一声と第二声が苦手のようです。単语の事例として大学dàxué ,科技 kējì ,行业hángyè等を挙げていますが、恐らく英语の文章の末尾のトーンを変えることで、ニュアンスを表すその癖がそのまま反映されているのではないかという気がします。単语一つとっても、英语の场合は途中のアクセント一つあっていれば、大体通じてしまうのですが、中国语の场合は、単语の最初から最后までトーン(四声)を変えると全く违う意味になってしまうことが多く、発音変化に対する许容度がありません。トーンを変えるには、文章全体を高く又は低くする、これは教科书にはあまり载っていない话で(※四声そのものに注目し过ぎて、トーン全体の変え方についてはあまり発音教材でも触れていない)とても役に立ちます。

 

それから彼だけでなく恐らく中国语学习者全体にとって难関である第三声についても解说しています。第三声はトーン记号から想像される、高い所から下がって上がる洗面器のボールのような形、U字型ではなく、実际には低い所から下がって上がるJの字に近い感じだということも解说してくれています。

 

出典:Analyzing Mark Zuckerberg’s Chinese|Learn Chinese

 

上记动画の内容を缠めると、

 

1When you want to make intonations in Chinese, Never change the tone of characters

トーンを変える时にはその単语の声调を変えないで文章全体でトーン自体を変える(上げる・下げる)

2The first tone should be pronounced high and flat. The pitch should be high enough.

第一声は高くフラットに発音する

3The third tone should be relatively low pitch, compared to the other tones.

第三声は他の声调よりやや低く入る(ローピッチで)

 

他にもなかなか面白い素材が取り上げられているので、是非GraceさんのYoutubeをフォローして视聴してみましょう。本ブログのコンセプトである、英语と中国语を同时に学ぶ、という趣旨にもピッタリの动画です。以下、日本人の中国语の典型的な间违いについても取り上げられています。とても勉强になります。

 
 
 

日本人の中国语発音|中国语のさまざまな発音を理解しよう
 
以上
 
 
 
 

 

 

 

 

 
 
Share