今回は、中国语の単位について取上げたニュースを素材として、単位について勉强していきたいと思います。一般の教科书や教材に记载されているような重さや面积の単位だけでなく、新闻やニュースを闻く际にも参考になるよう、普段専门家や関心のある方でない限りあまり话题にもならない、电力の単位、田んぼの面积、极大、极小の単位や核兵器の威力の単位の话题について取上げました。ちなみに、こうした単位に関する情报は、重要な知识であるにも関わらず、辞书にあまり载っていないようですので、电力の単位ぐらいはもう少し一般向けの中日・日中辞典にも载せて欲しいものだと思います。(英语でも理系と文系の间で同じような问题が起きているようですが。。。)

 

まずは予备知识

 

まずは、中国语以前に、普段意识することがない、电力の単位に関する予备知识を记します。记事を読む上で役に立つと思いますので。

 

ワット(W)、キロワット(kW)、メガワット(MW)、ギガワット(GW)の関系
1kW=1,000W
1MW=1,000kW
→1MW=1000kW=1,000,000W
1GW=1,000MW=1,000,000kW=1,000,000,000W

 

少し分かり易くカタカナも交えて书くと、
1ギガワット=1,000メガワット=100万キロワット=10亿ワット
(小さい単位から顺番に、ゼロを3つ足すと大きい単位になる。)

 

次いで、面积の単位について

 

1アール(a)=10m×10m=100㎡
1ヘクタール(ha)=100m×100m=10000㎡=100a

 

 

<コラム>ニュース中国语事始め=“チョー危なかった”话…中国で用いられる単位について 2019/1/25 レコードチャイナ

https://www.recordchina.co.jp/b679995-s111-c30-d1111.html

 

(以下転载)

 

记事を书く上で、もちろんミスは许されないことです。ミスの中でも、特に“悪质”とされるのが、固有名词と数字の间违いです。ところが、中国语の数字を扱っていると、言叶の知识がなく、なまじ汉字の知识があるばかりに“チョー危ない”勘违いをしてしまう场合があるのです。

まず、度量衡の単位ですが中国语でも基本的にメートル法を采用しています。ただ、中国语の场合、汉字で表记されることが违います。日本でもメートルを“米”と书きますが、どちらかと言えば、こういった汉字表记は例外になってしまいました。

メートル法などで使われる単位を简単に列记しましょう。长さとしては、<米 mi3>(メートル)、<公里 gong1li3>(キロメートル)、<厘米 li2mi3>(センチメートル)、<毫米 hao2mi3>(ミリメートル)などがあります。

面积としては<平方米 ping2fang1mi3>(平方メートル)、<平方厘米>(平方センチメートル)があります。“平方キロメートル”は<平方千米 ping2fang1 qian1mi3>です。それ以外にも、耕作地などで使われる<亩 mu3>もあります。<亩>は古くから使われてきた面积の単位で、<1亩>の広さは时代によって异なります。中华人民共和国になってから、<1亩>=“6.6666+2/3アール”と定められました。実际には<1亩>=“1/15ヘクタール”とした方が、楽に计算できます。

なお、<100亩>=<1顷 yi1 qing3>の式で定义される<顷>という面积の単位もあるのですが、あまり使われません。一方で、<公顷 gong1qing3>(ヘクタール)はよく使われます。逆に、中国独自の<亩>がよく使われる一方で、<公亩 gong1mu3>(アール)はさほど使われません。

体积/容积としては<立方米 li4fang1mi3>(立方メートル)、<公升 gong1sheng1>(リットル)などがあります。<公升>は<升>と省略されることがよくあります。

质量(重量)の単位としてまず知っておくべきは<克 ke4>(グラム)、<公斤 gong1jin1>(キログラム)、<吨 dun1>(トン)などでしょうか。それから、日常生活では<市斤 shi4jin1>がよく使われます。<1市斤>=“500グラム”で、记事の中に<斤>という単位が使われていたら、この<市斤>の省略形です。<1市斤>の10分の1は<1市両 yi shi41liang3>です。<市両>は<両>と略されるのが一般的です。

<市斤>や<市両>は、野菜や肉などの量り売りでよく使われます。それから、饮食店の主食も<両>単位で量を具体的に指定して注文する场合が多くあります。米饭の<2両 er4liang3>は普通盛りかそれよりやや多いぐらい、<3両 san1 liang3>ともなれば、完全に“大盛り”です。

さて、产业関连の记事には、电力の単位である<瓦 wa3>(ワット)がよく出てきます。“キロワット”は<千瓦 qian1wa3>です。“キロ”の语源はギリシャ语で1000を意味する“キリオイ”だそうですから、<千瓦>と意訳して中国语での単位としたわけです。例えば、中国语で<5千瓦>とされていたら“5キロワット”と訳さねばなりません。もっとも、“5000ワット”としても间违いではありませんが。

私がまだ駆け出しも駆け出しの时ですが、<1兆瓦 yi1 zhao4 wa3>といった中国语に出くわしました。“1ワットの1兆倍”かなと思ったのですが、なんかいやな予感がした。そこで、辞书を引いてみた。いや、惊きましたね。<1兆瓦>は“1ワットの1兆倍”ではなかった。“1メガワット”、つまり1ワットの100万倍でした。それこそ、“ケタ违い”です。思わず“チョー危なかった”という文句が脳里を横切りました。无知とは恐ろしいものです。

日本语で“1兆”と言えば1亿の1万倍ですよね。1の后に0が12个続く数字です。ところが、现代中国语では数字として“兆”という言い方をほとんどしないのです。例えば“5兆円”だったら<5万亿日元 wu3 wan4yi4 ri4yuan2>のように表现します。<兆>という文字から具体的な数字としての感覚が薄れてしまった一方で、“大きな数を表す”というイメージは残っているので<兆瓦>という言い方にも抵抗がなかったのでしょうか。ちなみに台湾では<百万瓦>という言い方をします。“1メガワット”は中国大陆部では<1兆瓦>、台湾では<1百万瓦>です。

なお、电力量としてよく使われる“キロワット时”は正式には<千瓦・时 qian1wa3shi2>または<千瓦小时 qian1wa3xiao3shi2>ですが、ニュース记事を含めて一般的には<度 du4>と呼ばれています。电気や电力を扱う记事に<5度>という表现があったら“5キロワット时”を意味します。

<兆>が“メガ”の意で使われるのは电力関系だけではありません。核兵器の威力を示す“メガトン”は<兆吨TNT zhao4dun1 TNT>です。“メガトン”とは、高性能火薬であるTNTの量に换算して爆発力を示す単位です。日本では単に“メガトン”などと言う场合もありますが、中国语では<兆吨TNT>と、<TNT>をつけて表现するのが一般的です。

それから、情报量の単位の“バイト”は中国语で<字节 zi4jie2>ですが、“キロバイト”なら<千字节 qian1zi4jie2>、“メガバイト”なら<兆字节 zhao4zi4jie2>です。<兆(メガ)>以上に大きい単位の场合、音訳が使われます。例えば、<3太拉字节 san1 tai4la1 ji2zi4jie2>(3テラバイト)のようにです。小さい単位にも音訳が多く使われます。例をいくつかをご绍介いたしましょう。

 

大きい単位を表すのに使う言叶
<吉>または<吉[口加] ji2ka1>…ギガ(10の9乗)
<太>または<太拉 tai4la1>…テラ(10の12乗、台湾ではこの“テラ”に<兆>を使う)
<拍>または<拍它 pai1ta1>…ペタ(10の15乗)

 

小きい単位を表すのに使う言叶
<微 wei1>…マイクロ(10の6乗分の1)
<纳>または<纳诺 na4nuo4>…ナノ(10の9乗分の1)
<皮>または<皮可 pi2ke3>…ピコ(10の12乗分の1)

 

ピンインの表记について:本コラムでは中国语を<>の中に、日本语の常用汉字の字体で表示しています。以下の部分のピンインについては、ローマ字表记の直后に声调を算用数字で添えます。軽声は0とします。 u の上に2つの点を添えるピンインには v を用います(例:东西=dong1xi0、妇女=fu4nv3)。

 

(転载以上)

 

记事をまとめると、兆の単位はあまり中国では使われないということが分かります。折角ですので、他の単位もピンインの声调符号付で缠めておきたいと思います。

 

长さの単位

 

メートル=米 mǐ、
キロメートル= 公里 gōnglǐ、
センチメートル=厘米 límǐ
毫米= háomǐ

 

重さの単位

 

グラム=克 kè
キログラム=公斤 gōngjīn
トン=吨 dūn

 

日常生活では市斤 shìjīn
记事の中に“斤”という単位が使われていたら、1市斤のこと。(“500グラムで、市斤の省略形)
1市斤の10分の1が1市両 yi shì1liǎng。
市両は両と略されるのが一般的。

 

両について

 

野菜や肉などの量り売りで使用。
饮食店の普通盛り(少し多いぐらいらしい)。例:米饭の 2両 èrliǎng
完全に大盛り=3両 sān liǎng

 

长さの単位

 

メートル=米 mǐ
キロメートル=公里 gōnglǐ
センチメートル=厘米 límǐ
ミリメートル=毫米 háomǐ

 

面积の単位

 

平方メートル=平方米 píngfāngmǐ
平方センチメートル=平方厘米
平方キロメートル=平方千米 píngfāng qiānmǐ

 

耕作地でよく使われる単位

 

亩 mǔ
1亩=6.6666+2/3アール
1亩=“1/15ヘクタール”
100亩=1顷 yī qǐng
(“”という面积の単位はあまり使われない。ヘクタール(ha)=公顷 gōngqǐngはよく使われる。亩がよく使われる一方で、1アール(a)=公亩 gōngmǔはさほど使われない。)

 

体积・容积の単位

 

立方メートル=立方米 lìfāngmǐ
リットル=公升 gōngshēng
(公升は升と省略されることが多い)

 

大きい単位を表すのに使う言叶

 

ギガ=吉加 jí jiā
(10の9乗)
テラ=太または太拉 tàilā
(10の12乗、台湾ではこの“テラ”に<兆>を使う)
ペタ=拍または拍它 pāitā
(10の15乗)

 

小きい単位を表すのに使う言叶

 

マイクロ=微 wēi
(10の6乗分の1)
ナノ=纳または纳诺 nànuò
(10の9乗分の1)
ピコ=皮または皮可 píkě
(10の12乗分の1)

 

核爆弾の爆発力を表す単位

 

メガトン=兆吨TNT zhàodūn TNT
(核兵器の爆発力については、日本では単に“メガトン”と表记するが、中国语では“兆吨TNT”で、后ろに“TNT”を付ける。TNT=一般にはTNT火薬のこと。核兵器の破壊力をTNTの质量に置き换えて换算するのに使用される。)

 

情报量の単位

 

バイト=字节 zìjié
キロバイト=千字节 qiānzìjié
メガバイト=兆字节 zhàozìjié
(メガ以上に大きい単位の场合、音訳が使われる。例:3テラバイト=3太拉字节 sān tàilā jízìjié)

 

电力の単位

 

正式には、时间当たりなので千瓦时千瓦小时となり、ニュースでは“度dù”を使う。

 

1kW(千瓦特)=1,000W瓦
1MW(兆瓦特)=1,000kW
→1MW=1000kW=1,000,000W(※台湾では百万瓦)
1GW千兆瓦=1,000MW=1,000,000kW=1,000,000,000W(10亿瓦特)

 

W—瓦特、KW—千瓦、MW—兆瓦
GW—吉瓦、TW—太瓦

 

用电量(度)=功率(千瓦)×使用时间(小时)

1度=1千瓦·时,一个功率为1千瓦的用电器连续工作1小时消耗的电量为1度。
计算公式为:用电量(度)=功率(千瓦)×使用时间(小时)

 

※解说:电力量=仕事率×使用时间という意味。

仕事/时间=仕事率=电力(消费电力)

仕事=电力量
电力=仕事率

电力量=电力(仕事率)×时间

 

更に兴味がある方のために、以下に物理の复习がてら、定义を记しておきます。

 

电圧、电流、ジュール、ジュールの法则、アンペア、ボルトの中国语はそれぞれ、
电压diàn yā ,电流 diànliú,焦耳 jiāoěr ,焦耳定律 jiāoěr dìnglǜ,安培 ānpéi ,伏特 fútè (伏 fú)

 

【电流】
电位の高い方(+)から低い方(-)へ流れる。大きさは、単位时间に単位断面を通过する电気量で単位はアンペア(A)。
【电圧】
二点间の电位の差。単位はボルト(V)。
【电力】
电流が単位时间(一秒间)にする仕事量。直流では电圧(V)と电流(A)の积に等しい。単位はワット(W)。
电力(W)=电圧(V)×电流(A)
【W(ワット)】
1Wは1秒间に1ジュールの仕事をする仕事率。1ボルトの电位差のある二点间を1アンペアの电流が流れる时1秒间に消费される电力。

1W(1秒あたりの仕事率) = 1J(仕事量)/s(时间:秒)
1W(电力) = 1A(电流)×1V(电圧)

 

以上、これで単位に関する知识と、普段あまり电力等の単位について意识したことがない方にとっても、まとめになるように记载をしてみました。皆様の中国语学习のお役に立てれば幸いです。

 

 

※本ブログでは中国语学习を始める方には、动词フォーカス中国语入门(文法の说明もしっかりしています。)を推奨しております。今までにない観点で日本语の特徴を捉えた上で、开発された中国语教材です。ご购入されない方でも一読の価値はあると思いますので、一度说明を确认することをお奨めします。

 

 

 

 

Share