連休中、お会いしたこともない中国人の方で、中国語の勉強のために言語交換(先方は日本語の学習)をしている方と実に奇妙なやりとりがあり、これがなかなかどうして、私の中国語の勉強に役立ちましたので、掲載をしたいと思います。本ブログでは、お奨めの勉強法として、ネイティブとの言語交換を推奨しており、外国語(中国語や英会話)の先生をリーズナブルに探す方法-とにかく「先生探す」とググってみよう!の記事や、スカイプレッスンを超える!?「フラミンゴ:flamingo」で中国語の先生を探そう!にて、先生を探す方法を紹介しています。その他、姉妹サイトの記事Wechatを使って中国人と知り合う方法について にて微信(Wechat)を利用した中国人と知り合う方法について紹介しております。参考までにこちらもご確認頂ければ幸いです。

 

【ある中国人から来た実に奇妙な日本語に関する質問】

 

突然、言語交換でやりとりをしている日本語学校に通う中国人から以下のような質問が来ました。

 

「 魔力持ちの女は聖神に祝福された魔女としてありがたがられる変な世界だった。 ってどういう意味ですか?」

 

つっうか、こちらもこの日本語自体、一見しても全く訳(わけ)分かりません!でも一応よく見ると日本語にはなっているようなので、自分なりに一生懸命作文(日本語から中国語への翻訳)をしてみました。それが以下。(本当は、英作文の時に習った技法で、難しそうに見える表現は二つに分けて作るとか、方法はあるのですが、何がなんでも一文(ワンセンテンス)で作ってみたかったので、何とも言えない奇妙な文章になってしまいました。)

 

【ポイントは1主語と、2当作、3来の使い方 】

 

当初私が作った中国語作文(翻訳)

把有魔力的女性作为被圣神祝福的女巫和被崇拜的奇怪的世界。

bǎ yǒu mólì de nǚxìng zuòwéi bèi shèngshén zhùfú de nǚwū hé bèi chóngbài de qíguài de shìjiè 。

 

それに対して、意味がよく分からない!(というか自分でも意味不明:笑)ということで、その中国人が私の中国語作文を直してくれたのが以下の文章。ポイントは1主語をはっきりさせる:这是,2当作を使用する、3来を使う。

 

这是一个把有魔力的女性当作圣神祝福的女巫崇拜的奇怪的世界。

zhè shì yī gèbǎ yǒu mólì de nǚxìng dàngzuò bèi shèngshén zhùfú de nǚwū lái chóngbài de qíguài de shìjiè 。

 

最初の主語は敢えて外した所はあるのですが、「祝福される」「ありがたがれれる」に拘り過ぎて、文章がおかしくなってしまったと思います。また、「・・として」は「作为」しかないという思い込みもありました。「来」の使い方が意外と(簡単だけどいざという時出て来ないので)難しいし、日本語の発想とも英語の発想とも少し違うので、これから勉強しなければいけないなと痛感した次第です。以下に、実際のやりとりの文面を貼付けたいと思います。

 

 

 

 

【ポイントは看见,说法,说话的方式】

 

以上のやりとりで分かる通り、(敢えて出くわすというニュアンスから遇见を使用してみたけどだめで、看见が正しいとの指摘。)また、セリフ(台詞)という言葉に拘りすぎると、演劇の台詞に限定されたような話になってしまうので、限定された表現として、「よく出てくる決まり文句」的なニュアンスを出すため、「说法」としたつもりが打ち間違えて「说话」としてしまったので訂正が入り、说话的方式とされました。しかし確認した所、「说法」でも問題がないことが分かりました。

 

課題日本語:ハリーポッターの映画によく出てくる(見る)ような台詞だね

 

中国語作文例:在哈利波特的电影中你能看见说话方式。  

zài hālìbōtè de diànyǐng zhōng nǐ néng kànjiàn de shuōhuà fāngshì 。

又は

在哈利波特的电影中你能看见说法

zài hālìbōtè de diànyǐng zhōng nǐ néng kànjiàn de shuōfǎ 。

 

【言語交換は正に教科書に出て来ない中国語、日本語のオンパレード。これぞ中国語学習の醍醐味!】

 

以上、外国の方と生きた言語交換をすることは、教科書に出て来ない生きた中国語表現、とっさの際にどうやって中国語作文をするか、翻訳するか、ということの訓練になり、とても勉強になります。余談ですが、日本語の表現に句読点を付けて直してあげました。冒頭の、「魔力持ちの女」という表現は、日本語としては文法的に正しくともどう考えても不自然なので、以下のように直しました。

 

魔法使いの女は、聖神に祝福された魔女として、ありがたがられる奇妙(不思議)な世界だった

 

【作文、翻訳、通訳の違いを意識しよう!】

 

このように、何が出るか分からない、生きた言語の勉強こそが、中国語学習、いや英語を含めた全ての言語交換における醍醐味ではないでしょうか?今回のように、打ち間違え(笑)から新しい表現が勉強出来るなんて、露程も考えませんでした。学校での英語の勉強(英作文)を思い出して頂ければ分かると思いますが、文法的に正しそうなところから入るのが「作文」です。「翻訳」は専門知識や文脈と日本語や中国語の自然な表現が、書き言葉として意識されてきます。ビジネスマンであれば、翻訳の外注先とのやりとりで苦労した経験がある方もいらっしゃることでしょう。「通訳」は場に即した(文脈と同じ意味)話し言葉への変換が、強く意識されます。何れにしても、ビジネスマンが外国語を活用した仕事で活躍するのに必要な能力は、場を読取る臨機応変な対応能力です。(たとえプロでなくても)試験で要求されるような「作文」を超えた能力であることは間違いありません。その能力を養うのに、本ブログ運営者は言語交換がぴったりだと考えています。理由は、互いに文化的、生活上のバックグラウンドを共有しない人(常識が全く異なる人)との調整能力を養うことが出来るからです。

 

上述の、中国人の方からの質問と私とのやり取りから分かる通り、文法上正しいか、というより自然な中国語、日本語表現であるか?ということがとても大切で、ネイティブの外国人(中国人)との言語交換による学習の重要性はここにあることが分かります。勿論、ニュアンス以前の段階として、文法の中でも動詞(主語)の把握は重要なので、学習効果が高い中国語教材おすすめランキング:中国語学習で迷ったらこれを買おう!初級・中級者篇でご確認を頂くことをお奨め致します。尚、中国語作文(言語交換)には当然のことながら辞書の助けが必要です。本ブログでは、学習効果が高い中国語辞書アプリおすすめランキング:中国語学習で迷ったらこれを買おう!本気で学ぶ人のための有料辞書アプリ篇。繁体字も英語も同時に勉強しよう!で中国語辞書アプリを紹介していますので、是非ご確認下さい!

 

 

 

 

 

 

 

Share