英語の辞書を引くときに発音記号が掲載されていることは誰でも知っていますね?(最近では電子辞書やスマホのアプリで発音を聞くことが多いのであまり意識することは少ないかもしれませんが)

所で、これは国際音声記号と言って、国際音声学会が定めた世界共通のものです。我々は中国語というと拼音ばかり見ていますが、実はこれは発音記号ではないのはご存じでしたか?また、英和辞典に載っている発音記号を用いて表記することが可能となっています。これについて英語と中国語との対照表を載せている人がいますのでご紹介したいと思います。以下のサイトと表を見れば分かるように、実は英語の発音にかなり共通して含まれているのが多いのが分かります。

私は今回発音記号を調べることによって、中国語の発音を通じて、自分の英語の発音のいい加減さを自覚し、しっかりと発音するようにしなければならない(例:SHとSとSHIの違い等)と思うようになりました。英語版のwikipedhiaにはきちんと対照表が掲載されています。ご覧のように、全てが一致する訳ではなく、やはり、中国語は圧倒的に発音のバリエーションが多いのではないかと感じます。

 

出典:りょうけんみん(ryo)の言語PC総合研究室/SRLサアル

出典:wikipedia:Help:IPA for Mandarin

Share