本日、ネット上に珍しく漢詩の話題が流れました。本ブログは英語と中国語の学習サイトであり、トレンドブログではないので、冬のオリンピック、それもフィギュアスケートと今回二大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦と漢詩と中国語、というものは全然結びつくはずがないのですが、まさかまさか、漢詩と中国語のことがネット上で話題になりましたので、取上げたいと思います。以下に引用します。(ピンイン部分は本ブログ運営者が追加しました。)

 

【中国】羽生結弦の演技に解説者が感動 → 思わず漢詩を詠む / 調べたら感動的に美しい意味! 他国の選手に捧げる最大級の賛辞に感動が止まらない件

 

フィギュア男子、オリンピック2連覇! 66年ぶりの偉業を成し遂げた羽生結弦選手。もちろん金メダルという結果も素晴らしいが、何よりその演技に魅了された人も多いだろう。そんな羽生選手の活躍に感動したのは日本だけではない。各国から称賛の声があがっているが、中国ではこんな形で羽生選手が讃えられている。なんと実況で漢詩が詠まれたのである。

・羽生選手の演技に解説者が感動 → 思わず漢詩を詠む
その実況動画はスポーツ専門チャンネル『CCTV5』が放送したものだ。その動画を確認すると、羽生選手のフリーの終了後に感嘆を込めた声で、以下の漢詩が詠まれた。

 

「容颜如玉 身姿如松 翩若惊鸿 婉若游龙」

róng yán rú yù   shēnzi rú sōng   piān ruò jīng hóng   wǎn ruò yóu lóng

 

ざっくり意味をとると

 

「その容貌は宝玉のよう、立ち姿は松のごとし、飛ぶ様子はまるでオオハクチョウ、美しさはまさに遊ぶ龍のようだ」

 

出典:https://rocketnews24.com/2018/02/19/1022243/

その他参考資料:【中国】羽生結弦の演技に解説者が感動 → 思わず漢詩を詠む / 調べたら感動的に美しい意味! 他国の選手に捧げる最大級の賛辞に感動が止まらない件

 

【洛神賦:あの三国志に登場する曹操の息子、曹植の詩】

 

本ブログは中国語、英語、漢文も勉強するサイトなので、もう少し調べてみましょう。どうやら、これは三国志で有名な曹操の三男の曹植(その兄が曹丕)が詠んだ「洛神賦」の中の一節が含まれているようです。折角なので、時間をかけて全部書下し文にしていきましょう。下記の赤字の部分が、ニュースで話題になったアナウンサーが羽生結弦を称えて詠んだ詩の一部分です。(※全文掲載を検討しましたが、あまりにも長いので今回は省略し、後日機会を設けて紹介をしたいと思います。)

 

※あまり知られていないことですが、実は唐の時代に李白らが登場するまで、曹操曹丕曹植は最大の詩人でした。我々はどちらかというと、唐詩に親しみがあり、三国時代で言えば諸葛亮の出師の表が有名ですが、曹一族が詩人であったということは、是非覚えておいて頂きたい背景知識です。

 

洛神賦:繁体字はこちら

洛神賦:簡体字はこちら

 

(中略)”御者對曰:“臣聞河洛之神,名曰宓妃。然則君王所見,無乃是乎?其狀若何,臣願聞之。”
餘告之曰:其形也,翩若驚鴻,婉若游龍(以下省略)

 

題:「洛神(らくしん)の賦(ふ)」

 

(中略) 御者の対(こた)えて曰(いわ)く、「臣(しん)は聞く。河洛(からく)の神、名は宓妃(ふくひ)と曰(い)う。然(しか)らば則ち君王(くんのう)の見る所、迺(すなわ)ち是(これ)に無からんか?其の状(じょう)は若何(いかん)、臣の願わくは之を聞かん」余(よ)は之(これ)に告げて曰(いわ)く:「其(そ)の形たるや、翩(へん)として驚鴻(きょうこう)の若(ごと)く、婉(えん)として遊龍(ゆうりゅう)の若し。(以下省略)

 

本当はまだまだ長いのですが、またどこかの機会で書下し文及びピンインを付けていきたいと思います。

 

【本ニュースは中国語で実際どのように報道されているのか?】

 

以下に腾讯体育から中国語での報道内容の原文を掲載します。後日、解説を加えていく予定です。

 

“容颜如玉 身姿如松” 羽生把自己活成热血动漫

 

腾讯体育2月17日讯 在刚刚结束的平昌冬奥会花样滑冰男子单人滑自由滑比赛中,卫冕冠军羽生结弦以自由滑206.17分、总分317.85分摘得男单金牌,是近六十六年以来第一个男单奥运冠选手,再次创造历史。

 

在2014年的索契冬奥会中,当时19岁的羽生结弦就创造历史成为六十六年内最年轻的奥运花滑男单冠军和亚洲第一位花滑男单奥运冠军。

 

羽生结弦本场演出的自由滑曾是他2015~2016赛季的自由滑,音乐选自日本音乐家梅林茂为电影《阴阳师》所作配乐,羽生借鉴日本传统艺术“狂言”,饰演了日本传统人物安倍晴明的形象,是花样滑冰历史上少有的完全脱离东方主义去展现东方文化的作品,因此在艺术上也有着独特的历史价值。

 

羽生曾在2015年的大奖赛总决赛依靠自由滑〈SEIMEI〉拿到了219.48分的自由滑分数和330.43分的总分,打破当时由他自己保持的自由滑和总分世界纪录,其中总分世界纪录一直维持至今。

 

他曾透露,在2015年的大奖赛总决赛结束后,他内心就认定了这套节目是他要带到奥运赛场上向世界人民展示的表演。在本场奥运比赛中,羽生结弦完成了四个四周跳,其中萨霍夫四周跳、后外点冰四周跳、萨霍夫四周跳接后外点冰三周跳都完美完成,第二个后外点冰四周跳出现失误被扣分,最后总计拿到109.55分的技术分,位居全场自由滑技术分第五位,总分206.17分,位于全场第二,凭借短节目的优势获得冠军。

 

央视解说陈滢对羽生的表演发出了热情的赞美:“容颜如玉,身姿如松,飘若惊鸿,宛若游龙。索契奥运冠军在平昌周期面对着四周跳小将们的挑战,他让我想起了一句话:‘命运对勇士低语:你无法抵御风暴。勇士低声回应:我,就是风暴!’羽生结弦,一位不待扬鞭自奋蹄的选手,他取得今天的成就,值得现场观众集体对他起立鼓掌。”

 

“对于羽生来说,这个赛季基本没有比赛,一度大家甚至怀疑日本队会不会把他的参赛名额给其他选手。短节目他就证明了自己,参加奥运会,他依然是王。”

 

“长得就像日本动漫里的男主角。他把自己的人生活成了一部热血动漫。”

 

羽生结弦本赛季由于脚伤几乎报废了整个赛季,在退赛多场、降低难度的情况下空降奥运赛场,最后高水平发挥,取得冠军,可以说是战胜了自我。

 

他的强大内心也让双人滑世界冠军、嘉宾佟健称赞不已:“可以说大家不敢想象运动员在上场前顶着如何的压力,像羽生结弦在这个赛季之前的比赛都没有参加,来到奥运会面对这么多的冰迷和喜爱他的运动员、教练员,顶着这样的压力在场上今天能完成这样的动作,内心简直有强大的自信。做得真的太出色了,有这样的抗压能力,动作能完成成这样,真的太值得敬佩了。”

 

“去争取冠军的心态和要保住冠军的心态是完全不一样的,他在奥运这么大的比赛之前,没有任何热身赛,没有任何适应性比赛,直接到了奥运会能滑出这样的表演,真的很不容易。”

 

出典:腾讯体育2018-02-17 14:56

 

 

 

 

Share