今回は、中國語の學習をまずはさわりだけでも知りたい、始めたいという人のために、初心者の皆様に向けて文法講座を用意致しました。既に本ブログでは、學習効果が高いおすすめ中國語教材ランキング:評判の教材を徹底比較!初級・中級者篇:ユニークかつ評判のお奨め教材上位5つをご紹介。もう教材選びで絶対迷わない!にて、ぶっちゃけ神速中國語を推奨させて頂いております。また、書店やアマゾンで入手出來る定番の中國語教材については、別記事學習効果が高い中國語教材おすすめランキング:文法教材篇 中國語文法の教科書は音聲CDが充実したこの教材で決まり!にて中國語文法教材を紹介しておりますので、そちらと併せてご確認頂ければ幸いです。

※他の章については末尾の中國語文法講座初級編インデックスをご參照下さい。

 

第五章 使役文

 

使役とは基本的にーさせる、と言う意味があります。使役動詞には讓ràng、 叫jiào、 使shǐ、 請qǐngと言う単語があります。文型はS+讓 叫 使 請(どれか一つ)+O+V~

 

媽媽 讓 我 買東西
māma ràng wǒ mǎidōngxi
母は私にお使いに行かせる

 

―させない、と言う表現には使役動詞の前に「不」を置きます。また「使」は主に書面語で使われます。「させる」を丁寧にした「ーしてもらう」、と言う表現では「請」を使います。

 

媽媽 不 讓 我 去 外面 
māma bù ràng wǒ qù wàimian
母は私を外に行かせてくれない

 

請 老師 看 我 的 文章
qǐng lǎoshī kàn wǒ de wénzhāng
先生に私の文章を見てもらう

 

問題:

 

  (1)母は私に食事を作らせる。
  (2)母は私たちをお使いに行かせる。
  (3)食べてもらえますか?

 

単語:

 

 做飯zuò fàn(食事を作る)

 

我們wǒmen(私たち)

 

 買東西mǎidōngxi(買い物をする、お使いをする)

 

  嘗嘗chángchang(味見をする、ご賞味する)

 

答え:

 

(1)媽媽讓我做飯
(2)媽媽讓我們買東西
(3)請你嘗嘗

 

以上

 

第4章へ 第6章へ→

 

 

尚、冒頭で紹介したお奨め中國語文法教材は以下になります。興味のある方は一度アマゾンの解説ページもご確認頂ければ幸いです。



 

【中國簿文法講座初級編インデックス】

 
Share