広告バナー

中国語を勉強する接客業 観光業 飲食業 販売スタッフ必見!:全業種で使える みんなの接客中国語で基礎的表現からインバウンド対応もばっちり!

インバウンド接客中国語 中国語教材 参考書 豆知識

【インバウンド、全業種の接客で使える中国語表現:接客業に従事する方や初中級者の中国語の勉強に最適。もう店頭に出るのは怖くない!】   前回、接客業、インバウンド対応向け中国語教材として「リアル中国語フレーズ15・・・

中国語イディオム:成语故事;日本語とも馴染みが深い四字熟語を覚えて中国語会話の表現力をアップしよう!

中国語慣用表現 四字熟語(成语故事) 漢文・古文 英語と中国語 豆知識

本日ご紹介するのは、中国語の故事成語(中国語では成语故事)です。ご存じの通り、中国語における故事成語は日本語に取入れられ、今日でも四字熟語や単語として使っているものは少なくありません。例:四面楚歌、朝三暮四、臥薪嘗胆、桃・・・

緊急告知!外国人観光客向け災害用多言語支援ツール!英語、中国語(简体字 繁体字)韓国語 スペイン語 タガログ語 ポルトガル語 タイ語 ベトナム語

中国語便利ツール 中国語教材 参考書 未分類 英語便利ツール 豆知識

9月6日未明、北海道で大きな地震がありました。被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。(平成30年7月豪雨災害をきっかけに本ブログでも緊急事態に備えるための中国語素材を紹介しております。)「旅のゆびさし会話帳」の災・・・

中国語を勉強する接客業 観光業 飲食業 販売スタッフ必見!:リアル中国語フレーズ1500爆買い接客編で基礎的表現からインバウンド対応もばっちり!

インバウンド接客中国語 中国語教材 参考書 教科書に載っていない中国語 豆知識

【インバウンド、接客で使える中国語表現:接客業に従事する方や初中級者の中国語の勉強に最適。もう店頭に出るのは怖くない!】   さて、今回は中国語教材の中でも、極めてコストパフォーマンスの高い教材「リアル中国語フ・・・

教科書には載っていない中国語表現を覚えて中国語会話と表現のレベルアップを図ろう!No4

教科書に載っていない中国語 豆知識

  前回の続きです。本ブログでは、これまで中国語ネイティブがよく使う慣用表現(成语/惯用语)を覚えて中国語会話と表現のレベルアップを図ろう!にて、慣用表現(成語)を紹介してきましたが、もう少しぐっと踏み込ん・・・

中国語ネイティブがよく使う慣用表現(成语/惯用语)を覚えて中国語会話と表現のレベルアップを図ろう!No4

中国語慣用表現 豆知識

前回の続きです。本ブログでは、これまで中国語ネイティブも奨める役立つ中国語学習参考書音声CD付 の他、学習効果が高い中国語教材おすすめランキング:中国語学習で迷ったらこれを買おう!初級・中級者篇にて優れた教材を紹介してき・・・

日本で流行した「干物女」中国版Twitterでホットワードになる:実際に微博を検索してみた 轻松的年轻女人, 假日时几乎都在家里睡觉追求懒散舒服的生活

中国語慣用表現 教科書に載っていない中国語 豆知識

【「干物女」は中国語になっている】   最近、「干物女」という言葉に関する興味深いニュース(2018年8月8日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングで「干物女」が一時、トップ10入り)・・・

中国人に「どういたしまして」はどれがベストか聞いてみた:没事儿,哪里哪里,没有的话,哪儿的话,好说,不用谢,不谢:没事儿は不客气と同じ意味で使う

中国語作文 中国語慣用表現 英語と中国語 豆知識

今回は、辞書に載っている「どういたしまして」について書きました。辞書を引くと、没事儿,哪里哪里,没有的话,哪儿的话,好说,不用谢,不谢, 不客气 等が掲載されているのですが、実際、使用頻度がよく分からないのと、中国人が感・・・

中国で最も有名な日本語教師笈川さんの中国語もまた素晴しい!生きた躍動感のある中国語は教科書では学べない!这世上没有失败,只有暂时停止成功!加油!

先生を探す 教科書に載っていない中国語 言語交換 豆知識

本日は、中国で最も有名な日本語教師、笈川氏のことを取上げたいと思います。売れない芸人から心機一転、中国で日本語を教えたことをきっかけに、波瀾万丈の中、中国で最も成功した日本語教師にまでなった人です。単に熱心で面白いという・・・

中国語を学ぶビジネスマン必須!手に汗握るロト7のCM(中国語字幕付)で教科書では絶対勉強出来ない表現を覚えよう!:中国人が付けた字幕が超ネイティブ!

中国語便利ツール 豆知識

「我が社は外資に吸収合併され人事は全て見直されることになった」を中国語で言うと? さて、今回はストーリー性抜群のコマーシャルで教科書には絶対出てこない、ナチュラルな中国語を勉強してみましょう。題材は、日本に関心がある中国・・・

ページの先頭へ